2012-12-28

イナズマイレブンgo CS35話 「伝説へジャンプ!」 感想

もはや実際の歴史以外もなんでもありなご都合主義回
結局サッカーを軸にするのならなんでもOKなのがこの世界!

開始早々なにやらシリアスな展開が・・・?

エルドラド本部に襲撃をし始めた「サル」率いるセカンドステージチルドレン
しかしエルドラド側も最強の戦力「パーフェクトカスケード」にて防衛
レイVSサル
なにやらサルは忠告と提案をしに来たようで

君たちでは松風天馬たちには勝てない
そして一つ、絶対に断れない提案がある

彼らは一体何をするつもりだ・・・?

さらに核心に迫るのはもう少し後なのでしょうか

今回の主な点は
・エルドラドとSARUの交渉
・次向かうのは9の力と10の力
・マスタードラゴンとアーサー王
・相変わらず神童と太陽の指揮にへこむ天馬
・マスターD読み聞かせ中も完全装備
・実在しない世界のアーティファクト!?
・黄名子の親戚とは一体
・おとぎ話の登場人物になっちゃた
・しいなさん中の人変わってる
・結局攻撃手段はサッカー
・フェイと天馬以外強くてニューゲーム

ご都合主義がいつになく多かった回じゃないか・・・?
実在しない世界さえもパラレルワールドなら可能
つまり本来ならばなかった世界を彼らが創ってしまう・・・と

つまり一番歴史を組み替えてる原因は雷門イレブンであると
どうせどの時代でもちょいちょい組み替えてるしいっそ一つの世界追加しちまおうZE!ってことなんでしょう

もう悪意ある解釈しかできなくなってきた(笑)

サッカー禁止令がまだあるはずにも限らず、サッカー棟では今日も元気に練習しています
サッカー棟の取り壊し延長というのはサッカー禁止令が解除されるまで粘るつもりなんですねきっと
本来ならば一番にマークされるはずの雷門をあえて野放しにしてるあたり豪炎寺の職権乱用には目に余るものがあります

相変わらず自分の指示に自信がなく、神童や太陽を見ていると彼らは周りがよく見えているのに自分には見えていない
自信をなくすのはわからなくもないですがそもそも「天才ゲームメーカー・神のタクト」「十年に一人の天才・雨宮太陽」と天才設定がある二人を相手に雷門に入る前は一人でドリブルの練習しかしてなかった天馬が指揮で勝てると思う方が間違っています
化身に関しての才能だって神童もシードじゃないのに出せちゃったわけだしな・・・
1期最期の試合のみ主人公補正で乗り切りましたが現時点でミキシマックスが出来てない天馬には効いてない・・・というかその場その場で主人公が切り替わるタイプのアニメになってますよねCSになってから

そんなわけで天馬はまだまだこれから本領発揮する場面がきっとあるだろうと流しつつ面白いことをいう選手が・・・
トーブ「威張って命令してればいい」
威張ればいい
それどっちかというと監督じゃね
イナイレの世界の監督(大人たち)は威張って無言だから違うか

トーブもすっかり雷門の一員ですねー
化身出せるしトーチャンとのミキシも成功したから仕方ないか
さてさて次の力!!!
9の力「マスタードラゴン」 
10の力「アーサー王」

もはや実際の歴史すら関係ねえ

大介曰くトンガットル共和国でとなりの病室の子供に読み聞かせていたら自分が夢中になってしまった・・・と
まぁ面白いおとぎ話ではあるかもしれないが・・・
そんなのを理由に中学生に対して不可能を可能にしろって無茶ぶりにもほどがあるよ大介さん
完全装備で読み聞かせ
寝る前の読み聞かせ中に帽子とサングラス完備ってどうなんですか

アーサー王についての説明が少々入りますが書くのめんどくさいので勘弁してください

水鳥はさらわれるシーンに憧れてるようです
あなたなら鉄拳でドラゴン撃ち落としそうだ

しかしここで問題が・・・
実存しない世界のアーティファクトが入手できるはずがない!

黄名子「うちの親戚のすごい金持ちがアーサー王の王冠もってるやんね!」
さすがにこの発言にはみんなもう少し突っかかろうか!
しかもそれを簡単に借りれるってどういうことですか
いっそその親戚に政府に献金でもしてもらってサッカー禁止令といたらいいんじゃないかな
アーサー王の冠
当然、本物じゃないとタイムジャンプは出来ません
しかし、本物かどうか確かめる術もない・・・

で、今回タイムジャンプするのは13人!?(あ、マネージャーも追加で)
キャラバンも既に改造済み
も っ と 早 く や れ 

この場合どうなるんでしょうかね
実際の歴史とは違うパラレルワールドを作るのなら勝手な行動をしても大丈夫と考えるべきか
そもそも歴史そのものに違う世界を組み込んでしまうからより変動してしまうのか
せいぜい絵本の中に彼らの絵が出てきてしまうくらいですかね(笑)
またもや呼び出し
そしてまた黄名子を呼び出すフェイ
この前は告白失敗したからな
やはり親戚は嘘
もう少しすれば黄名子の何かがわかる・・・?

異常事態発生!!
キャラバンが揺れる揺れる!
そんな状況で冷静なのは太陽と神童

これはまずい・・・?





天馬が目を覚ますとそこには紫の髪をした女の子
名は「しいな」
しいな
確かイナイレのクイズ大会で優勝した方のパロディ参戦でしたっけ

しかし中の人は変わってますね・・・
あんまり素人とかにそういうのやらせるとうるさい視聴者もいるだろうし仕方ないか

天馬とクマのぬいぐるみだけがこの家に助けられたようで
樽の上で寝てるって器用だなおい(笑)

いくらタイムジャンプ成功したからって見知らぬ女の子の家で騒ぎやがって迷惑な二人だ
ご馳走
お腹のすいた天馬に親切にしてくれるしいな
たびの騎士には親切にしてあげなさいと両親から言われてる
なるほど、そういうことか

ワンダバは一体暖炉で何やってる・・・?
暖炉で何を?
どうやらアーサー王とマスタードラゴンも現存するようで彼らのおかげで作物は豊作だそうでなにより

話を聞くたびに爆発するワンダバ
そろそろ着ぐるみ破けるぞ?

それじゃあ入団テストを受けに行こうか天馬!
「とうぞく が あらわれた」
とうぞく
どうする?
⇒こうげき
⇒にげる
天馬 の こうげき!

しかし こうげきしゅだん が なかった

とうぞく の ターン

がいや から サッカー で こうげき
サッカーで攻撃
とうぞく は たおれた

まるでRPGのような異世界ですが相変わらずサッカーが攻撃手段なようで
助けてくれたのは主人公の友達役のフェイ
どうやらワンダバは従者のようで一気にテンションがた落ちです

フェイ「なんか楽しいね!」
サッカーボールを人にぶつけて倒すのが楽しくて仕方ないらしいです

ゲームの話ですがアーサー編のMAPのBGMの壮大な感じいいですよね

いよいよ到着アーサー王の城
絵本と同じ姿のアーサー王
アーサー王

円卓の騎士との勝負!!
円卓の騎士
どうやらフェイと天馬以外の雷門メンバーはつよくてニューゲームしていたようです

しかしまずい・・・円卓の騎士の戦いといえば・・・馬と武器を使った戦い・・・?

いや、この庭
ちょうどいい広さ
とあるスポーツをやるのに大きさといい形といいベストマッチじゃないか・・・?

スポンサーサイト
2012-12-21

イナズマイレブンgo CS34話 「さよならと吠える声」 感想

そろそろゲームのプレイ日記とアニメ感想のカテゴリを分けておきましょうかね・・・
さて、感想書くにあたって少し怖いのは既にゲームプレイ済みでシナリオ知っているのでツッコミでネタバレしないかですよね

もちろんその辺は細心の注意を払って書くつもりなので、非常に白々しいツッコミが増えると思いますがご理解ください

今回はそれなりに技が多く、アームドシーンもかなり端折られてて割とテンポよかったですかね
結構変身もののアニメとか特撮ではよくある端折り方になってきましたね(笑)
主人公だけ一人、それ以外画面分割して同時アームド
うん、これでいいと思う
アームドに時間取られるくらいならその分必殺技祭りにしてほしいところです
というわけで見ていきましょう

パーフェクト・カスケードを相手に苦戦中の雷門イレブン
2戦目とはいえ、今までとは雰囲気の違う化身に圧倒されミキシもほとんど通用しない・・・?
再び絶望的な戦況に追い込まれたがそんな中、フェイのプレイに過剰なまでに突っかかる黄名子
彼女はフェイのことをどこまで知っている?そして彼女が言うフェイの本気とは・・・!?

主な点
・やはり指揮は神童のほうが上手
・フェイは全力で戦っていない?
・デスホーン登場によりフェイピンチ?しかしビッグが助けた?
ショタフェイの回想
・化身「高速闘士ロビン」嫌いな化身ではあるが力を借りる
・ビッグもロックスターのような化身召喚
・フェイとビッグのミキシマックス「王者の牙」(決して色違いではない)
・ついでにトーブとトーチャンもミキシ成功
・SB2回に大国謳歌でセーブ成功
・敵の本気はまだ未知数
・セカンドステージチルドレンに襲撃されるエルドラド本部
・黄名子を呼び出し疑問をぶつけるフェイ

こうして書き出すと結構急展開が多かったように思えます
ただ、今回言いたかったのは
黄名子しゃべりすぎ
セカンドステージチルドレンの核心迫りすぎ

時期的にそろそろ仕方ないとは思いますが、まだこっからちょっとグダグダ展開になりそうなので今そのへんを出しちゃうと・・・ね
エルドラドとセカンドステージチルドレンの関係がだいたいわかってきちゃいましたね


では流れに沿って
天馬がキャプテンとして必死に指示を出しますがすぐに神童にダメだしされてしまう始末
実際神童のほうが司令塔としては遥かに優秀なので仕方ありませんね

そもそもキャプテン=指示を出すってわけでもないでしょうに(笑)
1期の聖堂山あたりから急遽キャプテンになって司令塔までやれって・・・ねぇ

円堂でさえ指示は鬼道に任せてたじゃないか!

とまぁグダグダやってるうちに敵のシュート
シュートコマンド20
シュートコマンド種類多いなぁ
信助ぶっとぶ
あっさり信助がぶっ飛ばされるのはもうお約束

しかしこの絶望的な状況で
黄名子「フェイ!フェイはなぜ全力で戦わないの!?」
ただでさえティラノが通用しないで絶望的なフェイの追い打ちをかけます

するとそこへ登場「デスホーン」
デスホーンに噛み付くビッグ
フェイが襲われそうになると颯爽と噛み付くビッグ

小さな体でも負けじと威嚇!

フェイはこの様子に何かを動かされた・・・?

黄名子「フェイ!フェイを縛り付けてるものは何!?」

「フェイは化身もアームドもできるはず?なのになぜやらないの!?」

きっと化身やアームドに頼らず己の身体能力だけで正々堂々勝負したいんですよ

ここで入るフェイの幼少時代の回想
一人ぼっちでぬいぐるみを抱きしめる・・・しかしたまらなくなって投げ捨ててしまう
ショタフェイ
ぶつけようのない怒りを表しているのでしょうか

フェイ「嫌いなんだ・・・!自分の化身」

黄名子「うちは好きやんね!高速闘士ロビンは可愛くて強い化身やんね!」

ああ、リトルレイダー型のロビンは確かに早いしな(※カスタムロボ参照)
ってそうじゃなくて・・・

なぜ知っているのだ黄名子・・・!?

黄名子「公式サイトで予習しといて正解だったやんね」

そして出るフェイの化身
「高速闘士ロビン」
高速闘士ロビン
幼少時代のぬいぐるみに似ていますね
フェイが嫌ってる理由は自分の過去を具現化してるような気がするからでしょうか?
忘れたくても思い出してしまう・・・だからこそ封印してたんじゃないでしょうか

ここでもう一つの新化身!?
ビッグの化身
ビッグの化身!!
ロックスターのようにみえます
将来の自分の姿?とも捉えられます

ここでようやく見つかったミキシ相手
フェイとビッグ!

ミキシマックス成功!

だがこれだけじゃ終わらねぇ!!!

フェイ「君のこと嫌いだけど・・・力を貸してもらうよ!!」

ちょっと頼み方ひどくないですか(笑)

アームド!!!
アームドミキシ重複
アームドとミキシの重複は消耗が激しい?大丈夫か?

平然とやってたザナークってすごかったんだな

新必殺技!
「王者の牙」
王者の牙
色違いの別の技見たことあるって?キノセイ

これにより初得点!!
なにやら相手のGKが少し焦ってるようにも見えましたが?

フェイ「ごめん、隠してたわけではないんだ 自分の化身が嫌いだったから・・・」
黄名子(「フェイ、これからもうちが支えてあげるやんね」)

一体何者なんだろう・・・フェイに必要以上に干渉する彼女にもなにか各された秘密が?


トーブ「やっぱりウホウホすっぞ!!」
相変わらずウホウホうっさいですがまぁ・・・こういうテンションのキャラが一人くらい必要ですよね

ワンダバ「トーブ!トーチャンの近くに飛ぶんだ!」

銃の腕は鍛えてるはずですがある程度近くないとだめなんですかね(笑)

トーブとトーチャンミキシマックス成功!!!
トーブミキシ
見た目はまあ悪くはないと思う

まるで空を飛んでいるかのような滞空性能!!

トーブだけに飛ーぶんですね

そして繋がるパス

フェイと天馬の協力技
エクストリームラビット
エクストリームラビット
似たような光景をOPで見たって?いやぁあれは逆だったじゃないですかー

この2点目によりパーフェクトカスケイドに火が付いちまったようで
さっきまでのスピードとは比べ物にならない速さ!

剣城「こいつら!本気か!?」

レイ・ルク「全力を出しているという意味なら間違いだ 君たちの力に合わせて制御している」

ミキシやアームドを使い分けてもボロボロにされる雷門・・・これでまだ本気じゃないのか・・・


だが、もう点はやらない!!!

太陽「それぞれ一定間隔を維持してゾーンディフェンスをするんだ!」
孔明とミキシした彼は戦術面でも活躍するんですね

敵のシュートをついに・・・?

もちもち黄粉餅!

ラ・フラム

大国謳歌!

SB2回に大国謳歌でなんとかセーブ!!
大国謳歌
守ったものの・・・消耗が激しすぎる

だが急に離脱したパーフェクトカスケード

信助「とりあえず追っ払ったってことかな・・・?」

剣城「見逃してもらったという方が正しいだろう」

彼らが雷門を放置してまで駆けつけたのは一体・・・?

同時期になにやら襲撃を受けているエルドラド本部

どこまで見覚えのある謎の男
セカンドステージチルドレン リーダー
彼がセカンドステージチルドレンのリーダーで「サル」と呼ばれる少年?
なにやら彼らを抑えることができず、遺伝子の根本から根絶やしにすべく雷門を潰しているのか?
エルドラドとセカンドステージチルドレンの関係にもまだまだ深い問題がありそうです

さてさて、そんな中明るいニュースだよ!

トーブのご家族見つかったって!!

でもトーブは帰らない?家族ならトーチャンがいる!
せめて顔くらいみせてあげてほしいもんだ・・・

トーブ「それにオラ、お前たちと行きたいんだ!」
家族だったトーチャンあっさり別れる気ですかそうですか

ビッグを育てると誓った彼ですが
いつかは獣の谷のボスになるビッグ
いつまでも面倒は見れない
一人になったとき本当の強さが試される

ミキシも化身も出せますし、完全にレギュラーキャラなんですかね

さて、一旦現代に戻ると、フェイは黄名子を呼び出し何やら質問・・・?
黄名子とフェイ
黄名子「フェイ、どうしたやんね?」

フェイ「実は前から君のことs(ry」

フェイ「どうして僕の化身のこと知ってるの?誰にも話したことないのに」

黄名子「せっかく強い化身なのに使わないの(ry」

フェイ「聞いてるのはそんなことじゃない!!」

怒って当然の話のそらし方ですよね(笑)

結局これからも頑張ろうの一言で終わってしまう二人のやりとり

フェイと黄名子の境遇が少しずつ明らかになっているような
まだまだ根っこの深そうな問題です

そしてセカンドステージチルドレンの言っていた弱肉強食の世界とは・・・?

きっとそれら全てが「万物の掟」に違いない

2012-12-13

イナズマイレブンgo CS33話 「獣の谷の大決戦」 感想

忙しい忙しいと言ってる木曜ですが明日はすぐにCSのゲームやりたいので今日のうちに

先週はボロボロにやられてしまい、洗脳されてしまうかと思われたが恐竜たちそしてアルノ博士のフォローにより洗脳だけはなんとかまぬがれた
しかしレイ・ルク率いるパーフェクトカスケードの強さを目の当たりにした雷門イレブン
必殺技さえもなしで大差をつけられて絶望し、一気に士気が下がったと思えた。
しかしそれでも諦めないどころかさらに強くなることを望む少年トーブ、そして過去の境遇に怯え思うように力を発揮できないフェイへ積極的にフォローを入れる黄名子
この二人の精神的なフォローによって彼らはどこまで強くなれる・・・!?

今回の主な点は
・トーブのサッカーへの思いがより燃える
・7の力と8の力に向け特訓
・なぜか恐竜がサッカーできてる
・黄名子化身発動
・フェイとビッグの境遇の違い?そしてそれを見守る黄名子
・パーフェクトカスケード戦リベンジ
・新化身?いや化身ではなく「プラズマシャドウ」
・一斉にミキシマックス
・恐竜たちの洗脳解くためにシュート連打
・レイ・ルクゲーム脳

こんなところかな
前半特訓パート 後半試合パートといったところでした
前回に比べればマシだったけどやはり技の充実度がちょっと物足りなく感じてしまいました

では流れに沿って

パーフェクトカスケードにボロボロにされたにも関わらず、たったひとりだけ燃えている少年が
トーブ「あいつらに絶対勝ちたい!もっと強くなりたい!!」
無印のイナイレに出てきたほうが良さそうなセリフですね

この一言の重みは非常に大きかったようで
さっきマインドコントロール派を受けていたら危なかったかもしれませんが士気は無事回復し今なら大丈夫でしょう

うん、やっぱりトーブ 良い意味でうざいな

しかし彼らに勝つのは甘くはない・・・

そこで、だ!
恐竜とサッカー?

恐竜と練習しよう
もはや人間では練習相手には不足か・・・
肉食に怯える速水
しかもこの恐竜たちは肉食
あ、ちなみに僕は今流行りの草食系男子です(聞いてない

彼らは頭がいいようで、パスもドリブルも難なくこなしていますね
人外な見た目のキャラや、人工物のロボットがサッカーすることはあっても
古代の生物がサッカーというのは・・・うん、もうなにも言うまい

トーブだけは恐竜たちについていっています
神童「早いだけじゃない!トーブには迷いがないんだ!」

人は迷うと弱くなると言いますからね

化身を出し恐竜2匹相手に突っ込むがまだ厳しい・・・?

ビッグに元気を与えるためにも諦めるわけにはいかない

決して身体能力で勝ち目のない恐竜が相手だとしても・・・だ

拳を握り締め立ちすくむフェイを見て黄名子がついに・・・!?
黄名子 化身召喚
暁ノ巫女 アマテラス
化身「暁ノ巫女 アマテラス」
仮にも彼女は現在の時間軸で剣城にストライカーとして勝っています
化身くらい出してもらわなきゃ困りますよね!

夜になると先週に近い光景が

フェイとビッグが何やら過去の境遇について話し合っています・・・
フェイは記憶がいまいちはっきりしない・・・
彼の母親とは・・・?一体何者なのだろう・・・?
一人と一匹を見守る黄名子

そんな彼らを影から見守る黄名子
一体黄名子はフェイの何を気にかけているのか?
行動一つ一つがまるで母親を思わせます

次の日特訓中に再登場!

レイ・ルク

狩屋も意気込んでましたが結局スタメンは速水なんですね(笑)

そして監督もトーチャン(笑)

もちろん実況は・・・!?今度はとうもろこしのおじさんですね!

レイの機械的な発言は相変わらず不気味さを感じさせます

なかなかボールを奪えないものの、パーフェクトカスケード相手にスピードはついていってます

ここで一斉ミキシマックス!!!!
こういう盛り上がりがやっぱりほしいね!(さらに言えば必殺技も!)

そんな雷門の勢いを止めてしまったレイ・ルクの化身
人工化身 プラズマシャドウ
「プラズマシャドウ」

レイ「化身ではない、プラズマシャドウ」

どうやらメンバー全員が「プラズマシャドウ」を纏っている?
ここから信助ザルタイム

トーブの化身技「ハンティングランス」
ハンティングランス
剣城にパスが回ったものの・・・?

レイ・ルク「GKの経験値を上げるため、シュートのチャンスを与える」
お前さてはゲーム脳か

菊一文字

あっけなくKPC16によって止められ・・・
必殺タクティクス「オプティカルファイバー」
オプティカルファイバー
一瞬にして反撃されてしまう雷門

黄名子「フェイ!フェイのサッカーへの想いはそんなものなの!?」

黄名子「うちを見て! 暁ノ巫女・アマテラス」
光輪の矢
光輪の矢

黄名子「フェイ!フェイは優秀なプレイヤーなのになぜ化身出せないの!?」

フェイ「いや俺デュプリ出せるし・・・」

そこへいきなり恐竜乱入
恐竜乱入
トグロウ「その時代にあるものを使えば歴史への影響は少ない」
その理屈もよくわからん

レイ・ルク「条件は我々も同じ むしろ経験値が上がる」
見事なゲーム脳です本当に

天馬はアームドして恐竜にシュート
洗脳は見事溶けますが・・・いいのかこれで(笑)

しかしこれだけのミキシトランスを重ねても歯が立たない・・・
彼らの運命やいかに!?

2012-12-07

イナズマイレブンgo CS32話 「見たか!恐竜の王!!」 感想

最近更新時間遅くなっててごめんなさいねー

木曜から金曜にかけて結構ハードなんで金曜の夕方寝ちゃうんですよ・・・

そして32話を見た感じ・・・
なんかもう感想書くべきかどうか迷ったのが本音でした

一応必殺技出てきたけど試合やサッカーバトルの描写じゃないし
ついにパーフェクトカスケイドと対峙したけど
なぜか普通のサッカーやってるし
相手の強さを際立たせるために「技すらなしで圧倒できる」という表現なんでしょうけど・・・
ただでさえアームドやミキシしただけで技少なくて冷めてる視聴者いるってのに大丈夫でしょうかこれで・・・?
直前に劇場版見たせいもあってより感じてしまいました

というわけで今回そんな長く書けませんのでご了承ください


主な点としては
・恐竜止めるために必殺シュート炸裂
・恐竜どうしの戦闘により「ロックスター」亡き人に(亡き龍?)
・暴れたのは洗脳が原因?
・トーブなぜか化身使い
・パーフェクトカスケイドと対峙
・必殺わざなしで0-19の惨敗


まぁこんなところか

ロックスターに会えたものの、なぜか暴れだしおなじみ「サッカーで止める」

トーブが化身を出したのは驚くところかもしれませんが三国志でも孔明が出したので今更です
太古の戦士 ジャガウォック

パス回ししつつ剣城のデスドロップ炸裂しとりあえずおとなしくなるロックスター
デスドロップ治療法
豪炎寺の治療法は10年経っても剣城に継承されているようです
サッカーボールを見ると何やら睨むロックスター

サッカーボールに似たものに何かをされた?

おそらくエルドラドのスフィアデバイスでしょう
というかそれ以外にないよ(笑)

そしてそのせいかだいぶ弱っている・・・
9割くらい剣城のせいですねわかります

信助「なんとかならないの!?」
いつもなら「なんとかなるさ!」が口癖の主人公もさすがにここでは自重した様子

仕方ない!生き物はそうやって死んでいくんだ!
それが「万物の掟」
この一言が言いたかっただけだろ今回

なにやら歴史から哲学路線に変更でしょうか(笑)

すると突然来たトリケラトプス?

トーブ「何しに来たんだデスホーン!」

この機にロックスターを討ち取って獣の王の座を狙っている
ロックスターは子供を守るために迎え撃とうとしますが現状勝目は薄い・・・

黄名子「子供を守るのが親の役目!ロックスターの手伝いするやんね!」
まるで親の経験があるかのような言い方です

パス回しからの黄名子の通常シュートはそれなりに効いていた・・・?
エースストライカー名乗るだけあって威力はあるようですが・・・
フォルテシモ
久々に出たフォルテシモにより本気を出したデスホーン
フォルテシモじゃこのインフレした世界では通用しませんよ神童先輩・・・

ロックスターが最期の一撃でなんとかデスホーンに勝利するものの・・・
限界がきたようで・・・

「万物の掟」
生物は皆いつか死ぬ
これを表現した回だったのでしょうけど

デスホーンを出したのは剣城が止めさしたことにならないようにですかね

トーブ「俺!ビッグを守らなきゃならねぇ! サッカー教えてくれ!」

どうやらこの時代でもサッカーは「武力」として認識されてしまったようで
サッカーは楽しいものだ!と納得させつつ禁止令を解こうとしてるのに

オーラを集めようとすればするほど「危険な意味」への解釈がより濃厚になってきています
別の時代とはいえこれでいいのか・・・?

とりあえず帰ったらトーチャンに報告

トーブ「サッカーはウホウホだ!」

意味がわからない表現ですがむしろこの世界にぴて意味のわかる表現のほうが少ないですね

なんだろう・・・トーブって

うざいな・・・いや、いろんな意味でうざい
良い意味でうざいと言うべきか・・・?
決して悪く言ってるわけではありません(ほかにいい表現が見つからないのでご理解ください)

夜な夜なビッグの隣へ歩み寄るフェイ
フェイの過去がまた少し明かされたのではないでしょうか・・・
「一人ぼっち」とは一体・・・?

偶然聞いてしまう天馬であったが・・・
決してフェイは一人ぼっちではないと思います
デュプリいますし
血縁関係こそなくても、雷門イレブンはもう完全に仲間です

さぁて・・・オーラの元を探さないと
ワンダバ「あのデスホーンなんてどうだ?なかなか強そうだったぞ」

葵「悪い奴でもいいの!?」

「目には目を歯には歯を」というじゃないですか
そもそも円堂たちの時代であれば相手がどんな手段使おうと「サッカーの特訓」オンリーで戦ってました

特訓する暇あったらオーラ集めてこようぜ!邪魔者入ったらサッカー使ってぶっ飛ばそうぜ!となってる時点で敵とやってること大差なくなってきてますし・・・
風丸はあと10年遅く生まれてくれば闇落ちしなかったかもしれませんね

で、この時代にも来ちゃうアルノ博士さすがです

どうやら未来の人間だそうで
なんかやたらに「育つためのシステム」が整っていたことを強調されていますね

まぁ今は子供向けアニメだとしても「どうやって育ったんだよ!」みたいなツッコミする子多そうですし設定つくっ特に越したことないですね

現にこのブログがツッコミうるさいですからね

いやーやっときたね

決して坊主頭のアルファではない!
レイ・ルク2
レイ・ルク
チームのメンバーはイナイレの敵キャラにしては地味な見た目・・・

トーブ「俺にも戦わせてくれ!」
狩屋「おい!そしたら誰かがぬけr・・・今日のところは(ry」
お前めんどくさいわけじゃないよな!?

ワンダバ「この状況で監督できるのは私だけ!相手はエルドラド最強のエージェント!私に相応しい!!!!!」

トーブ「トーチャンが(ry」

ついには人間以外に出番取られちゃったワンダバ・・・
初試合だからどうせ負けフラグだし最後の最期の価値試合のときにやらせてもらいなさい

イカ焼きのおじさんは再び実況に駆り出され・・・

さて、試合シーンについては特に書くつもりはない!

とりあえずトーブが化身出したものの、すぐ抜かれちまった!ってところと黄粉持ち破られた以外は何もないね

BGMは良かったけど(笑)

点を取ったのに顔色一つ変えないと錦が突っ込んでいましたが
既に1期でも「笑わないストライカー」と呼ばれているミットフィルダーがいましたよね

しかしボロ負けだった・・・
でもこういう「圧倒的な絶望感」がラスボスには良いと思う
ただ通常シュートを何度もやられるよりは敵の必殺シュートで全員ぶっ飛ばされるとかそういう描写のほうがいいなぁ・・・

2012-12-01

イナズマイレブンgo CS31話 「恐竜時代へGO!」 感想

もはやただの冒険回
桃太郎じるしのきびだんごくらいでてもおかしくはなかった

ついには人がいない時代に人ではない力を求めに行ったか・・・

どうやらザナークドメインを倒してもサッカー禁止令及び円堂が助からなかったようで
エルドラド最強のチームに勝たないといけない

その名は・・・


パーフェクトカスケイド
久々に見たなぁアルノ博士
この人の説明結構わかりやすいからもっと出てくれていいんだがな


今回の主な点は
白亜紀にタイムジャンプ
遂に最強チーム始動!?
最強の恐竜に会いにいく
サッカーシーンなんて一瞬だった

必殺わざ祭りの試合じゃないといまいちテンションあがらんのは許してくれ


今までのチームでは限界を感じ、パーフェクトカスケイドによりインターラプトをせき止めた
まぁ要するに

最初から出して雷門イレブン再起不能にしときゃよかったんじゃね?
それではアニメがおわってしまうのでダメですね

今までのチームとはわけが違う・・・

有能な指揮官「サカマキ・トグロウ」に率いられる全てにおいてパーフェクトなチーム
指揮官の名前もう少しどうにかならなかったのかな

石「話は聞いた!これからは本気出していくぞ!」
むしろあなた何もしてないので付いてこないでいいですよ


次のターゲットは・・・!?

7の力と8の力
あえていうのなら恐竜だ!
天馬「恐竜ってあの恐竜ですか!?ガオーって吠える!?」
ガオーって本当に吠えるかどうかはわかりませんがね(笑)

人間じゃないが強そうだしいいんじゃないかととりあえずまとまりますが
恐竜従えられるのならもうエルドラドのアジトに奇襲かけたほうが絶対いいって

ここででしゃばる信助
水鳥「男って本当、恐竜好きだよな」
え・・・?そうなの?
僕は全く興味ありませんしそうでもないと思いますよ?

信助「恐竜ですよ!恐竜!すごいんですよ!」
君によく似た別作品のキャラはよく電気で龍と戦ってますからね
信助 講義

~~~ここで信助による恐竜についての講義のはじまりはじまり~~~
かなり長い間に様々な進化を遂げ、地球を支配していた
だが、何かが原因で絶滅してしまった
原因にはいろんな説があるもののまだまだ謎が多い

隕石ってのはあながち間違いではないと思う

だが、個人的には「手塚ゾーン説」を推しておきます


手塚部長に不可能などないのです
ボールの引力で銀河系や隕石を引き寄せて結果的に時空を歪ませ恐竜を絶滅させるなんて超次元テニスではよくあることです

だが、恐竜のオーラなら既にティラノがいるんだが?
石「それでは不十分だ」
ワンダバ「このじじい・・・命懸けだったのに好き勝手言いやがって」

だがどの恐竜なのかは本人もわからない・・・?

黄名子は恐竜とミキシしたいらしいですね(笑)
黄名子 恐竜

今回のアーティファクトは恐竜の化石
ついには豪炎寺が持ってきたのかどうか確認すらできなくなったか

そして今回のメンバーには歴史に詳しい信助がなぜか参入
当然これにつっかかる速水
信助の恐竜の知識がやくにたつかもしれんからいいんだ!

なおさら三国志に速水連れて行くべきでしたね

最も信助はGKです
もうひとりの雷門のGKは化身 アームド ミキシも使えないブロッコリーしか残ってませんから仕方ないでしょう
GKはフィールドプレイヤーと立ち回りの異なるポジションなので代わりがききづらいですしね

白亜紀にタームジャーーーーンプ!!
もういたるところに恐竜!恐竜!
まさに大恐竜時代だね!

恐竜「俺たちのオーラか・・・?ほしけりゃくれてやる!奪ってみろ!サッカーへの全てをこの時代においてきた!」
すまん言ってみたかっただけだ

しかし人のいない時代へこの格好って・・・
さすがに目立ちますね

ワンダバスイッチ!!!!!
白亜紀 変装
なんだろう・・・石器時代とかその辺の服装?
太陽「なんの解決にもなってないような」
ツッコミポジションのキャラがいると僕の出番なくなりますね

恐竜の細かい描写とかもうめんどうなので端折りますね
ワンダバ「お前たち!なにをぼーっとしている~~!?注意深くすすめーーー!ちょっとの油断が命取りになる!」

どう考えてもフラグです本当に
石につまづいて恐竜にぶつかるワンダバ
桃太郎じるしのきびだんごぐらい用意しておいてください
その体の青さは伊達じゃないと思ってたんですがね・・・(22世紀のクマ型ロボットは役に立たない・・・と)

そこへ助けてくれた謎の少年「トーブ」
トーブ
なんか久々に子供向けのキャラってものを見たきがする

名前を聞いても発音が少々異なるようで(笑)

さすがこの時代にいるだけあって並外れた体力ですね
おそらく歴史改変が原因でこの時代に突然変異で生まれてしまったのでしょう

どんな地形であろうと友達の力を借りて進む

ピューゥ!
てっきりペンギン出すのかと思った
アナゴザウルス?

これは連携シュート技アナゴザウルス2号が出る伏線ですね

そしてトーブの父親登場
けつがわれとるす?
もう恐竜の名前聞き取るのがめんどくさいんで勘弁してください

とんま→天馬はまだわかる
ごんすけ→しんすけは無理あるだろ

錦が謎の踊りで意気投合

神童「君は人間だろう?本来ならこの時代に居るべき存在じゃない」
トーブ「お前のいってることよくわかんねぇぞ・・・?」
トーブに言わせてみれば何言ってるんだコイツ・・・?状態ですよね

トーチャンのタマゴから生まれた・・・?
まぁ古代から伝わるお伽草子には桃から生まれて鬼退治する子供もいますからなんの不思議もありませんね

ティラノサウルスについて聞くもののイマイチな反応
信助「未来の世界で付けた名前だから知るわけないよ」


トーブ「しってっぞ!?」
信助の知識はこの程度だったようです

あんまり強くないとか・・・

この世界最強の恐竜「ロックスター」
懸賞金は9千万強ってとこでしょうか

さて、時間も時間なのでどっかで寝ますか

トーブの父親が用意してくれた寝床で就寝
一応男と女は分けてるのか
女の子達
男の子達
霧野がすげー違和感(笑)

まぁ分けてるって言ってもかなり近いが・・・?
年頃の男女が・・・ゴクリ

そして夜が更け

トーブVSトーチャン
どうやら親子の絆でコミュニケーションが取れていても、共通の言語でのコミュニケーションは無理があるようです

さて、今回サッカーパートないかと思った視聴者さん!
フェイ「やばい・・・このままだと今回サッカーシーンなしで終わることになる・・・」


フェイ「デュプリを出せる僕が練習シーン見せないで誰がやるんだ!」

ミキシトランス!ティラノ!
デュプリに止められた・・・?

フェイ「サッカーシーンがなくては・・・視聴者が離れてしまう!僕にはサッカーだけなんだ!」
フェイ ひとり特訓
天馬「フェイ!俺も特訓手伝うよ 主人公として、サッカーシーンに協力しないわけにはいかない!視聴者を守りたいのは俺も同じだから!」
見守る黄名子
黄名子「二人共がんばってるやんね・・・うちだってイナクロのヒロインやんね!協力するやんね!」


セリフの9割変えましたが割とこんな感じで作った申し訳程度のサッカーシーンに思えたのは僕だけじゃないはず

なにやらボロボロな黄名子
随分寝相が悪い・・・?
寝相が悪い・・・?
あのあとあの二人と何をしていたのか詳しく!!!

黄名子が一番疲れてねーか?(笑)
疲れ果てる全員
ロックスターとは一体どんな恐竜なのか・・・

謎の坊主「目標地帯 獣の谷の洞窟」

レイ・ルク・・・?
レイ・ルク

彼がパーフェクトカスケイドのキャプテンなのか・・・!?

Copyright (C) 木陰の岩の眠り猫. All rights reserved. Template by Underground