2013-12-15

イナズマイレブンgoギャラクシー 30話 「強烈!シュートカウンター!!」 感想

ソウル覚醒よりカウンターにスポットが当たってしまったらしい
ソウルの前触れみたいなのが出て終わったけど、来週は井吹と神童にスポット当たるみたいだし駆け足なんだろうなー
鉄角のソウルって…

「腕」の力よりも「機械」の力が強調されてたような気がする30話
確かにGKなら腕使えるけどさぁ…腕のちから=機械を操作という無理矢理解釈でいいのかね
信助も結局ザル扱いされてる感がなんか残念でもあるなぁ
ぶっ飛びパンチは信助の体型や身体能力を考慮すると非常に理にかなった技だと思うので、もっと強くていいんじゃないかな!

そんなわけで、既にゲームプレイ済みなせいでネタバレしそうで怖いアニメ感想を引き続き書いていこう
そろそろカテゴリも分けておきましょうか

今回の主な点
・味方シュートが舐めプばっかり
・「腕」を活かす「機械」のちから
・高熱排気システムによる壁反射
・井吹と神童徒歩帰宅!?
・信助への期待…だがザr
・バラン兄弟の存在感
・デッドストレートのカウンター決まる
・座名九郎の助言、鉄角から迸るソウルの前兆

一応タイトルがカウンターだから仕方ないのだろうけど、力のキモとしてはソウルでしょーが(笑)

というわけで見ていこう
開幕、パスの攻防から


マッハウィンドの舐・め・プ
本気でシュートしたら演出が出来ないもんね、仕方ないね
腕の力
なるほど、確かに腕の力だ(GKに限る)


わぉ!必殺シュートを楽々とキャッチしたぁ!(手のひらで弾いてるのを見ながら)


やはり腕の力より機械の力というべきじゃなかろうか


神童と井吹まさかの徒歩帰宅ですかね?
徒歩
ゲームだと結構格好いい復帰シーンあるんだけど再現されないのかなぁ

機械によるデータ解析VS頭脳派コンビの戦略崩し
なかなかいい勝負じゃないですかねぇ

そしてやっぱりあったフィールドギミック
高熱排気システム
高熱排気システムを利用した壁反射パスですね
ゲームではお世話になりました
わざと外に出すのも別のフィールドでは使わせてもらいました

Zスラッシュと共に勢いのあるBGMからのパルクールアタック
流石に決まらなくなってきてるなぁ

相手は相変わらずのノーマルキャッチ?でセーブ

マグマカーペット
マグマカーペット
マグマカーペット2
ワンピース理論だとあらゆる炎技をも焼き尽くすマグマだから怖いですね

偽剣城にボールが渡るも、ノーマルシュートでは流石に入らない
もっと未知の領域があると期待したが拍子抜けだ
だったら化身技見せようか?ん?

神童と井吹は徒歩帰宅しつつも、ガードンの戦術を気にしてる様子
全員攻撃が来たら攻めるなという一言に突っかかってるようす

そしてピンポイントに来る足止めギミックであった


カザンガンVSぶっ飛びパンチ
ぶっ飛びパンチ
なんとか抑えたが、肩に怪我を…?

森村は木葉ロールを一発決めるが、倒れてしまう
身長低いから、地熱の影響が他の選手よりきついと思うんですよ


相手のシュートの猛襲にすっかりやられてしまった信助
信助も身長の問題が若干(ry

信助の肩にいち早く気づいた鉄角
しかし、そんなの容赦なく攻めてくるガードン
ロダンのシュートを顔面ブロックでパワーダウン!

なんだろう、このトロッコシーンなんかシュール
トロッコ
この二人のシーン多いなぁ(笑)

ついにはマグマカーペット攻略し、フットワークドロウで打開
なかなか攻略早いのはいいね

だが、シュートが決まらない以上決定打にならないのも事実

使い回しのカザンガン…をどうする?

攻撃こそが最大の防御だ!

デッドストレート!!
デッドストレート
これが!カウンターシュートだ!

さぁさぁ、ついに名前が出てきたよこの兄弟
バラン兄弟
いいねいいねぇ!この存在感!!
なんとなく表情で好きになったけど、ゲームでさらに好きになった人は多いんじゃないかな?

やっぱすげぇよ!リュゲル兄!

リュゲル…あの一言!あのお約束のセリフを言ってくれよぉぉ

引き続き鉄角が体を張って守る!

信助の怪我に気づいたロダンが走る!
カザンライにて一点
カザンライ

失点はしたが、鉄角の体に何か異変が出たように思える

座名九郎の助言にて、「ソウル」を引き出すために自分が悩んだときのことを聞く
「心と真正面から向き合う」

ようやく吹っ切れた鉄角

その体から迸る野獣のオーラ

ついに覚醒か…!?

スポンサーサイト
2013-12-05

イナズマイレブンgo ギャラクシー 29話 「翼を捨てた戦士たち」 感想

「この翼が空を求め、空が翼を求める」
なんとなく印象に残った個人的格言

「空」があるからこそ、「翼」が映える
一見、「翼」が一方的に「空」に依存してるかのような飛んでいる光景…
しかし「空」も大きく広がっているからには「翼」で飛んで欲しい
そんな両者が互いをより映えさせるため求め合う
空を求め、空に求められる「翼」に誇りを持ってるであろう長老だからこそ自分を納得させるためには本気を出したアースイレブンを息子に破ってもらいたい
だからこそ神童と井吹にソウルを覚醒させた
そんな翼を持つものと持たざるものの根深い対立の根本にある両者の誇りを垣間見たように感じた29話でした

ああなんかツッコミとかネタ走らないでいっそこのまま綺麗に終わらせたい(マテ

相変わらず今回もサッカー要素は薄かったが、井吹と神童が和解して、さらには二人で行動というファンには嬉しい回
なんだかんだ打ち解けてるしね(笑)

今回の主な点
・危機一髪で助かる神童井吹
・東の民に連れられて?
・天馬に交信するカトラの話をしてみるが?
・アルベガと長老は親子
・ショック療法的なソウル覚醒
・なぜこの二人はサッカー以外の場所で覚醒なのか
こんなところか

走ったら溶岩に落ちそうだったでござる
ギリギリ助かった二人
そう言わんばかりのギリギリの状況にも苦戦を強いられつつ冷静な二人
流石に宇宙人と戦うなんてブッ飛んだ状況にいる二人だとこの程度じゃ取り乱しませんね

そんな時、ノーツ号に戻って東の種族に会えなかったことを報告していると神童と井吹に離れてしまった皆帆と森村が帰ってくる


ファイトーー!!
ファイト一髪
いっぱああああつ!!


二人共ギリギリで助かった様子

ここまで来て天馬の言葉に疑惑を抱かずにはいられない井吹
しかし、神童はどんな状況でも諦めない天馬を信じ抜く
これに影響されたか井吹も信じることを決意

すると溶岩にある僅かな岩場に立っている謎の鳥人
彼ら翼を持つ種族の長老「ログロス・ゴードン」により東の種族の縄張りには入れたもよう
ログロス・ゴードン
神童は正直に「赤い石」と「宇宙を救うため」の話を申し出る
神童「サッカーで星の存続を決めるなんて間違っている」
当たり前の発言に見えるのだけど、この世界だと違和感さえあるのが麻痺してきた視聴者としては怖いです
そんなこと言ったらサッカーで勝ったのに無意味になっちゃう可能性あるじゃないですかーやだー

明らかに黙秘してるであろう長老に赤い石のことを問い詰める
赤い石について
宇宙を救う話にどこまで信憑性があるのか?と当たり前のことを問われるが
神童は一切怯まず、天馬のことを信じていると伝える

彼の発言を信じたかどうかは定かじゃないが…翼を持たぬ者達の長である息子の話をする
アルベガ「この進化した体でソウルを倒す!」
現在の超次元サッカーにおいて、最強格のシステムであろう「ソウル」と超次元サッカーですら厳しく取り締まられる「ハンド」を誘発する腕じゃ全く勝負にならんと思うのだが…?

だが、長老は当然勝利できるものならしたいのだろうけど、あくまで自然の摂理に従うまでという受身な思考
万物の掟ってやつですかね

アースイレブンはそんな神童達を探しに溶岩地帯に出向くが、東の種族による長老の伝言で二人の無事を知る
安否確認
彼の言う「保護」の意味に不安を煽るがそれでも帰ってくることを信じるしかない

とにかく一旦場に馴染む神童と井吹
見た感じは質素に思える彼らの食事は非常に美味しいようでなにより
美味しいらしい料理
どう考えても食べきれないであろう量を周りからよそられる井吹
流石に全員が全部渡すのはどうなんだ(笑)

神童は自分の星の空の青さをはじめとする自然について語る
長老はこれを気に入ったのか、伝えたいことがあると言い残す

おばちゃん「今日はチキンだよ!チキンを食べてチキンに勝つ!」
おばちゃんの勢い
やけに深いような、少し堅い話をしている二人をよそに、おばちゃんの軽快なノリで出される他のアースイレブンの食事風景
神童達の体の改造という冗談で心配するが…
どっちかというと羽生やしてくるんじゃないかって冗談でも(ぁ

しかし、こんなところでのんびりしてられない神童と井吹
長老の考えがわからない以上、今は従うしかない
朝起きると、空を優雅に神々しく飛び回る長老の姿
神々しい長老
「この翼が空を求め、空が翼を求める」
本能のまま、風を感じる
???「風に、なろうよ!」

彼らに掴まれ、空を飛ぶことになる二人
空駆ける二人
雲よりも高いその高度
イカロスレースでもする気かい?
長老が黙って見守る中、溶岩地帯の上でひたすら加速、減速を繰り返す

二人が帰ってこないまま、試合開始時間が迫る
東の種族の伝言を疑いつつも、今は戦うしかない
井吹「いいねぇ…いいねぇ…!」
君はいずれ学園都市最強のベクトル変換出来る能力者になるといい
風操作


そして高空よりいきなり落とされる!?
ダイナミック落下
落下中、二人が身にまとった青白いオーラ…まさか!?

精神の極限に達した時、奥底に眠るソウルが覚醒する
ついにはサッカーが全く関わってない場面でソウルに覚醒してしまった…
敵である神童達になぜ協力したのか?
アースイレブンを倒せないようでは息子が自分を超えたことにはならない
そして、アースイレブンが宇宙を救う可能性に駆けた


二人がまだ戻らない試合はFW剣城、GK信助で始まる様子
GK信助…
あいつがキーパーなら何点取れるかな(笑)
公式ザル発言とは…信助の扱いどうなん(笑)

敵の観戦してる二人のうちの黒髪の方の表情がなかなかキチってると思うんだ
キチった表情
学生だとしたら、朝知り合いにあったときに
「おはよー!なぁ?今朝は何人殺してきた?俺もう2人殺してきたぜ!」って人殺し自慢してそうな表情に感じません?


さて、二人は時間内に戻るのか?
そして鉄角はソウル覚醒するのか?

翼を捨てた「腕」の力
VS
精神の極限を具現化した「ソウル」の力


結果はどうなる…!?

2013-11-30

イナズマイレブンgoギャラクシー 28話 「灼熱の惑星ガードン!」 感想

え?ガーゴン?(難聴)
ガーゴン



ではなく、ガードン
松岡修三もびっくりの暑そうな星です
一体何メラメラくらいでしょうねぇ(ぁ

アースイレブンと戦うチームのほとんどが、地元民と紫天王でギスギスしていてここまでわりとあっさり来てしまったグランドセレスタ・ギャラクシー
アースイレブンは不安要素だった瞬木の心の内さえも良い方向へ流れていき、ソウルの覚醒者もちょっとずつ増えてきてまさに今ノってきてるところだろう
しかし、もしかしたら地球を守るためのサッカー大会と宇宙を救うためのカケラ集めを天秤にかけなくてはならないかもしれない…
試合回ではないものの、宇宙を救うための手段の確信に少しずつ迫ってきた28話
相変わらずポトムリに姿を明かさず天馬に姿を明かすのは、天馬にしかない力を求めてるのか、単に見た目変わってて気づかないのか
それはカトラ姫のみぞ知る(ドン!

今回の主な点
・翼を捨てて腕を得た民と翼を持つ民
・ファラムオービエスの影、本当の貧富の差
・新たなる紫天王
・新しい希望のカケラ赤い石
・サッカー一時休止で冒険回

いい加減超次元サッカーに毒されすぎて、上着や石使って戦ってるシーンを見るとなぜサッカーボールを使わない?と思ってしまうのをどうにかしたいところ

いざ降りると、とにかく暑い
どこからか持ってきたうちわで仰いでも熱い空気が来るだけ…
うちわ
真名部のメガネが曇る現象本当にわかるわ…
メガネが曇る
駅まで歩いてるとさ、冷たい空気がメガネに付くから電車に乗って暖房効いてると一気にメガネが真っ白になりますよね(笑)
電車じゃなくても同じ状況はあるけど!

再び星の説明をしにくるガイド・イシガシ
君もアースイレブンの移動速度についてくるから大したものだ

そしてこの星の特徴の一つとして二つの体のつくりがある
翼のあるものとないもの
翼のあるもの
翼のないもの
一見、空を飛べる方が進化したのかと思いきやその逆
あえて翼を捨て、腕を作り、様々な物を作る技術を身につけた翼のない者こそが究極の進化だと言う

翼を持つものVS機械の腕を持つもので抗争が繰り広げられてるのがこの惑星ガードン
でも最初の機械の腕作った人何者なんだ?元は翼だろ…?

瞬木「喧嘩して、勝手に自滅してくれたら言うことなしだけどな」
同じ惑星内での喧嘩という点なら、地球も幾度となくやっていますけどね

そんな天馬達を監視する敵チームの一員
アルベガ・ゴードン
アルベガ

彼らのステータスに対する評価は「まぁまぁ」
どうやら腕あればソウルすら使わない気らしいですね
サッカーで勝つための力に「この腕がある」と…
なぁ、ハンドって知ってるか?
どんなに相手を蹴ったりボールぶつけて半殺しにしてもファールが取られないイナズマ界でも意外とハンドには厳しいんだぜ…?
ガニメデプロトン「せやな」

別場面ではララヤと剣城
約束通り1日でこの星のTCGを制覇してきた模様(マテ
だが、今のララヤに見えてない部分があった
もしかするとララヤも内心気づいてたのではなかろうか?

鉄角(DF)「俺はもっと強くなってみせる!(シュートしながら」

そこへ現れるガードンの代表アルベガ
究極の進化を遂げ、アースイレブンに宣戦布告するのは見事


剣城はララヤを連れ、自分の見た景色を見せる
変装ララヤ
そこらにいるおばちゃんっぽいね

そこにあった光景…それは
実は日陰に隠れた街に上級貴族に全てを奪われた貧民もいる
貧民
誰も笑っていない、貧富の差が非常に激しい星だった
てっきりこの前のおばあさんとララヤがグルで表面上だけ女王してるのかと思ったが
どうやらララヤは本当に知らなかった様子
しかしそれでも、剣城を王にしてもっと良くして欲しいと考えてた以上、不安要素はあったのだと思う
ただただ涙を浮かべるララヤ姫
彼女がこの星をどう動かすのか?

そしてさらに来た紫天王
これで3人目ですかね
ロダン・ガスグス
ロダン
呼びづらい名前だなぁ

1:3の勝負を仕掛け、ソウルの圧倒的な力でゴールを決める
ロダンのソウル
まるでバーンみたいなキャラですね
炎使うあたりもそれっぽい

再び登場するカトラ
天馬だけ姿見せる
ボールを取りに行った建物の影を狙ってるあたり、他の皆には会いたくないのか?
東の山に行き、赤い石の情報を探って欲しいと提案
だが、今は試合前

大半が反対する中、神童と井吹が迷わずに天馬と付き添う
これを見て他メンバーもどんどん参加
ジャンケンでチーム分け
信助チーム
天馬チーム
神童チーム
彼らを監視している敵チームを操作しているのはやはりあのおばあさんか

場面は代わり天馬サイド
鉄角「早くソウル出したい」

瞬木「そんなこと考えてたのか(笑)」

鉄角「悪いか?(威圧」

瞬木「別に…」

鉄角のやる気は瞬木のダークサイドをも凌駕する
しかし瞬木のメッシュはもう固定なのか

鉄角はサッカーが楽しくて仕方ないらしい
宇宙チャンプになるのがかれの今の目標

ここぞとばかりに一芸を披露する座名九郎
座名九郎の一芸
お前も歌舞伎役者だしな

そんな中、冷静に道に目印をつける真名部
だが、その地形も自由自在だった
なるほど、確かに「腕」でこの地形作ったのなら試合前に地形操作して皆殺しにできれば実質勝ちか
「腕」を使う用途がサッカーの試合と考えているイナイレファンには思いつかない使い方ですね

信助サイドはしりとりで偽剣城がボロを出してるような…?
銀河の辺境にある惑星の名前を当たり前のように口走るが誰も気に止めない(笑)
九坂と野咲のしりとりの強さが尋常じゃねぇ
いざというとき信助守ってるのは剣城のプログラムが入ってるからなのか?

神童サイドは井吹が活躍してるね!
機械の鳥に襲われるも、井吹が引きつけ打開する
井吹と神童
神童の援護もあって一安心と思いきや…?

サッカーボールさえあれば有利そうなんだけどね(ぁ
なんかこう、サッカーボールが射出するベルトとか作ったらいいんじゃないかな?
頭脳は大人、見た目は子供の名探偵みたいにさ…!


2013-11-23

イナズマイレブンgo ギャラクシー 27話 「皆帆のオウンゴール!」 感想

Wikipediaにて世界は制覇した

やはり世界のその先にある銀河最強を目指さなくてはいけないらしい
世界のその先
というわけで、サラっと書いたがどうやら世界で一番長いwikipediaのページがイナズマイレブンのキャラ紹介らしいですね(笑)
最も、長さの判定やら、無印とGOが一緒なあたりさらに細かく分類しようと思えば出来るのかもしれないが…
イナズマファンとしてこれは喜ぶべき…なのかな?
他のブロガーさんでもこの話題に触れてる人はいたが、アニメや漫画関連でなら連載(放映)期間が長く、キャラの数や細かい設定が多いワンピやテニプリ、ラノベ原作としてはかなり長く続いてるインデックスとかそういうの差し置いて1位というのはびっくりかもしれない
と、僕のブログで扱っていて、それなりに知名度や連載期間の長いものを挙げてみただけだが

そんなわけで、世界のその先にある地球の勝利のために駆け抜けている最中であるアースイレブンだが
相手の心を読むサザナーラの力に苦戦し、ついには紫天王までもが出てきてしまった
勝つためのあらゆる戦術が無効化されてしまう現状、打つ手なしに思われた
そんな中、急にオウンゴールして意味不明な行動を続ける選手が一人
わざわざオウンゴールする必要があったのかと不明だが彼の行動こそが戦術を無くすための戦術だった
時には理論派を甘え一派が凌駕する…そんな超次元サッカーもあるらしい

そんなわけで今回の主な点
・ジャックナイフ(平手打ち)
・技は使い回し多い
・皆帆のオウンゴール
・黒岩の仕事は不敵な笑みを浮かべるだけ
・攻略法:行き当たりばったりなプレイで遊ぶ
・覗こうとすると取り込まれそうな瞬木のアズル
・ポトムリがカトラの存在を強く否定する理由

いい加減黒岩監督は采配の一つでもしたらどうですかねぇ…
選手が何かする度に、「ふっ、私は気づいていたけどな」的な笑み浮かべるだけってどうなんでしょうか(笑)

後半から味方に精気吸われて運ばれていった敵選手がいるらしい
精気吸われてリタイア
ヒラリ「ヒラリ・フレイルがひねり潰してあげるわ…!」
ひねり潰す
と、噛ませフラグしか見えないセリフにて戦闘開始
ひねり潰すより点取ってくださいよ


ポワイは彼女を嫌ってるようす
当たり前っちゃ当たり前だろうけど

それにしてもこの綺麗なダークサイドの瞬木、ノリノリである
相変わらず綺麗なダークサイド
あまりに負の力が強すぎて、見ようとすれば自らのアズルが崩壊してしまう
それが瞬木のアズルだとか
それを取り込む天馬は対したものだと思うが、イナダンで世界を滅ぼすほどの威力を誇ったらしいシュートをいきなりキャッチ技覚醒させて包み込んだのだからその程度できなくてはこの世界で主人公は名乗れないのだろう

そしてこの、相手の心を読むアズルは味方にパスする際にも大活躍
ポワイが自称していた心を読むまでもなく勝てる宣言などもう視聴者はきっと忘れていると思っているのだろう

ジャックナイフ(平手打ち)
ジャックナイフ
手が触れたか微妙なラインではあったが…
なるほど、確かに宣言通りにひねり潰してる
有言実行出来たのだからもう噛ませになってもいいね、うん

相手の心を読む力に対抗すべく、思ってることと違う行動を頑張るが攻略されてしまう皆帆
だが、瞬木ならば彼らの裏をかける

しかしウォーターフォールが抜けれない…


ついにはディフェンス方程式もが破られてしまう
方程式敗れる
数人がかりでなんとか敵の攻めを防ぐが、防戦一方

バブルボイルVSライジングスマッシュと前置きがやたら長い…というか割と格好いいと思う二つの技のぶつかり合いは井吹のライジングスマッシュの勝利
宇宙相手でも一応通用するようで良かった

だが、このままでは負けるのは時間の問題
皆帆はとにかく考える、そう、相手の気持ちになって
行き当たりばったりじゃダメだ!相手の気持ちになって考えろ!
神童が井吹にしていたこのアドバイス
この一言が鍵になる、そこを確信したのではないだろうか

そしてなぜか成功した木の葉ロール
FWの瞬木がフリーにも関わらず…?


皆帆「いっけーーーー!!」
オウンゴール
オウンゴール2
お互いに、自分の星をかけたこの緊迫した試合でオウンゴールを決めた皆帆
イナズマ界ではよくあることなので突っ込んではいけないのだろう

皆帆「見つけたよ、サザナーラの攻略法」

黒岩「ニヤッ」

キックオフと同時に、味方の邪魔をし始める皆帆
「相手の気持ちになって予測する」

それにしてもこの男、いつになく楽しそうである
楽しそうな皆帆
わざとドリブルをミスし、こぼれ球を瞬木に拾わせる
そして決まるシュート

相変わらず敵GKもザルである

どうやら皆帆の作戦は行き当たりばったりのプレイで、サッカーボールで遊ぶことらしい

しかしこれを見た感じ、アズルが見えるというのはそこまで万能ではないのだろう
本来、心が読めるとなればわざと仲間の邪魔をして相手のボールを渡すというところまで見えるはず
ワンピースの見聞色の覇気(心綱)のようなものを考えていたがそこまでの精度ではないんだな…
マントラ
見聞色

結局のところ、「聞く力」でなく「見る力」だというところに限界があるのだろうか
隻眼三刀流のマリモ剣士「目でしか見ねぇ…だから弱ぇんだよ」


しかしこの作戦にオウンゴールは必要あったのだろうか
視聴者へインパクトを与える必要があったから必須ということなのだろうな


というわけで皆でパスでも回して遊ぶ作戦に
アクロバティックなパス回し
イナストシリーズではお馴染みのキズナ上げ作業ですね
キズナ上げると連携技覚えたりもするので、これからきっと連携技が増えるのでしょう(期待
でも2013だとパス回しで上がりづらくなったんだっけ

しかし、得点には結びつかない
結局、決めようと思えば読まれちゃうって訳よ!

ここで再びくるジャックナイフ(平手打ち)

皆帆覚醒!
フクロウのソウル
フクロウのソウル2
黒岩「ニヤッ」
黒岩といい、聖帝といい、この世界の大人たちは座って不敵な笑み浮かべてればいいから楽ですね

数秒間目をつぶり、反射的にボールを蹴る作戦
これもパス回しはよくつながる

名づけて「ハッとしてグー作戦」
ハッとしてグー作戦
狩屋といい友達になれそうです
正義の鉄拳練習中の円堂「だよな!」

ソウルを出したシュートにて座名九郎が得点

で、敵選手のソウルまだー?

どうやら短い時間なら地球と通信できる設定がギャラクシーノーツ号に追加されたようです
画面の向こうのお兄さんが急に髪にメッシュ入って少し驚く瞬と雄太
相変わらず兄から受け継いだ悪知恵で玩具盗んでるようで

しかし、弟を泥棒といい、玩具を返すように諭す綺麗なダークサイドの瞬木
弟
地球を助けたら、弟たちの教育がまた始まりそうですね

さてさて、それだけじゃ終わらない
ピクシー、そしてカトラ姫の再登場により二つ目の「希望のカケラ」を入手
希望のカケラ2個目

しかし、カトラの存在を相変わらず強く否定するポトムリ
ついに彼の本当の姿が映し出される
ポトムリの本当の姿
彼の開発したコズミックプラズマ格子砲はブラックホールを消滅させるほどの威力があったとか
あーあれね・・・小さい頃よく遊んだよねー(ry

だが、後一歩のところで衝撃に耐えるミスリル素材が不足したとか
カトラだけ逃がそうとしたが彼女はそれに反発し、むしろ技術者であるポトムリを逃がそうとした
ポトムリが精神体だけとは言えなんとか生き延びたのはそのおかげか

だからこそカトラが生きてる可能性は0!絶対にありえない!

それにもし生きてるのならなぜ天馬に近づいたのか?
ポトムリ「なぜカトラ姫は私の元に現れないのだ!!」
だってお前外見変わってるじゃん!

外見変わっててもわかる設定とかあるのか?少なくともかつてのイケメン研究者が中学生の女の子だったり、ピエロの人形だったりしたら気づかねぇよ

2013-11-16

イナズマイレブンgo ギャラクシー 26話 「目覚めよ!俺のダークサイド!!」 感想

入浴シーンでは服を脱げって!?
入浴シーン
そう言う人は別のアニメを勧めておこう
なんだかんだ入浴シーン久々だったような気がしなくもない
無印2期であったような記憶がある程度

さてさて、先週の瞬木の過去とかあまり繋がった展開には見えない26話
そもそもあれってビュンカート目的で近づいてきた奴らに被害妄想抱いて勝手に黒くなったような演出だったけど、あれだけじゃ特に瞬木自身が悪事を働いたってわけでもないんだよなぁ
強いて言えば拾った福引券で(ry ではあるが(笑)

だから今回覚醒したがまだなにかあるような気もする

さらっと書いたがついに来たね瞬木覚醒シーン
というかそろそろ駆け足でどんどんキャラ覚醒させていかないと間に合わないよ!!
Pvにあった俺にボールを回せ!の瞬木でしたね
いつの間に髪にメッシュが入ったのか?そんなの銀河の広さに比べればちっぽけな話ですよ
敵キャラの女の子はあざといというか狙いすぎなんだよな
現時点ではあまり好きになれなそう…

そんなわけで今回の主な点
・ヒラリの強さがよくわからん
・アズルは心の色が見えるだけ?
・瞬木の黒さ、天馬の明るさ
・瞬木の開き直り、仲間たちの受け入れ
・ダークサイド覚醒・獣の力「ハヤブサのソウル」
・ついに来るか紫天王の二人目

こんなとこ
要は瞬木回なんだよ
来週は皆帆かねぇ?
なんにせよまだ26話でまともな力に覚醒せずビギナーズラック最強説でゴリ押していくのも無理あると思うので急ぎ足になるだろうな
カトラやら剣城(本物)の話もあるから大変やわぁ
感想書いてる身としては、ごちゃごちゃしてたほうがツッコミにごまかしが聞いて別作品のネタ使いやすくて楽しいんだけど!

そろそろ別作本ネタ使いすぎぃ!って批判されるレベルになりつつあるかもしれんが僕がルールなので苦情一切受け付けません

それじゃあいつもどおり前置き長くなったけど見ていこうねっ!

剣城が王になったらきっとこの星を良くしてくれる!

剣城「この星は十分にいい星じゃないのか?」
王の三流さん揚げ足取りぱねぇっす

ララヤの不安にはこの前のおばあさんなんかの思惑が絡んできそうな?
とりあえず1日だけ自由になった剣城
この星のカードゲームを1日でどこまで研究出来るのか…!?彼の技量が問われますね(マテ

なぜ入浴シーンで服を着るのか?気持ちいいからさっ!
ヒラリ入浴シーン
ここで「アズル」の説明が入る
幸せな気持ち、嫌な気持ち等でアズルの色が変わる
アズル解説
アズル解説2
しかしこの理論だとパスコースなんかはわからない気がするんだが?
とりあえず紫天王ということで助っ人に来たヒラリにはアズルを見る力がない
つまり途中から交代してヒラリが主力になってからが本番じゃないですかーやだー!

ヒラリはポワイ相手に強気に出てた割にはあっさりつまみ出された
このアニメにエロ要員というのは必要なのか否か、それは視聴者が決めるのかスタッフが決めるのか

アースイレブンのアズルを見ると
ほとんどの選手は普通状態の緑色 少し黄緑っぽいかな
アースイレブンのアズル
瞬木は真っ黒!!これ以上ないどす黒さ!!!

逆に天馬は明るすぎい!!曇り一つない綺麗さ!!


ヒラリを見ると顔のツヤに目が行く野咲
自分が15分かけて身だしなみ整えても精気吸える能力者には勝てないのだろう

彼らのアズルを見てポワイが「アズルつぶし」作戦を考える
アズル潰し

方やアースイレブンはエースFWのはずの偽剣城がベンチ
偽剣城「体調が優れないので…(瞬木にスポット当てるから引っ込んでろってhn社長が…)」

というわけで座名九郎FW

ヒラリ「私あと何回このポーズで映ればいいの…?」
余裕ポーズ
試合が始まるとなぜかパスはすんなり繋がる
そう、彼女らは心を読んでいなかったのだ!(自称)

裏を返せばそんなことしなくても勝てる
それ噛ませフラグや

ウォーターフォール
ウォーターフォール
ウォーターフォール 乾

オズロックの中身といい、ウォーターフォールといい、テニプリの乾がよく出てくるね!

あっという間にゴール前まで攻め込まれバブルボイルにて失点
バブルボイル
ここでアズル潰し作戦の詳細の説明
どうやら天馬の明るいアズルを闇に取り込もうと考えてるのか

その後の試合の進み方、なにかがおかしい
瞬木以外ではボールがまともに奪えない
瞬木が持ち込んでもDFにとめられる
この状況に不信感を抱く神童だが…?

ラフプレイの連続についに倒れてしまう瞬木
駆け寄る仲間に向けるドス黒く、大きなオーラ
どうしてアズルの色から思ってることをここまで把握出来てるのかつっこみたいが
瞬木の心境の全てを暴露するポワイ

またたぎはやと の ひらきなおる こうげき
開き直る

だがこれに文句などない天馬
~~~~洗脳開始~~~~
なぜ自分の黒さを隠したか?
なぜいい人を演じたか?
本当は人一倍「人」の繋がりを重視しているのではないか?
悪い心を乗り越えて受け入れる!

まさに太陽VS闇
炎帝
太陽と闇



えっ!?呼んだ?






ご、ごめん今試合中だから!




~~~~洗脳完了~~~~

髪にメッシュが入るスピードが大きく強化
その速度未知数
これぞまさに「知りがたきこと影の如し」
さらには獣の力「ハヤブサのソウル」覚醒!!!
ハヤブサのソウル
その超絶速度から打つシュートは鋭くゴールに突き刺さる
アクアブレス

これぞ綺麗なダークサイド
ダークサイド
ついに来るのか…?紫天王の一人ヒラリ・フレイル

Copyright (C) 木陰の岩の眠り猫. All rights reserved. Template by Underground