2014-03-01

イナズマイレブンgo ギャラクシー 40話 「俺たちの最後の戦い!」 感想

あそこにブラックホール!!
あそこにブラックホール
もうブラックホールが肉眼で目視できる位置にあるというのに、呑気にサッカーで戦争している中学生達の試合会場はこちらです
とまぁ、出落ちのつもりで書いたのだけど、そもそもブラックホールって目視出来るものではないのかな
天体にはあまり詳しくないので知ったかぶりな知識披露するのもあれかなーと思ったけど
大雑把に調べた感じ、観測にはひと手間かかるようでそもそも光を吸収してしまうから目視するために必要な光の反射がないとかそんな仕組みなはず
中の人は専攻してる分野違うので細かい説明は勘弁してください
どうせブラックホール見えてるのバラン兄弟だし、これが本物とは限らないしこんなもんでいいよね!
ついには自分の知識不足すら作中のキャラに責任を押し付ける そんな汚い大人の書くアニメ感想はこちらです


ファラム・オービアスに勝ったものの、本当の敵はまだ他にいた
仲介してグランドセレスタ・ギャラクシーを開催したオズロック、そしてアースイレブンの案内をしてくれていたイシガシもその一味だった
尚、アニメしか見てない人には勘違いし続けてる人もいるかもしれないが
イシガシは男という衝撃の事実
どっちとも取れるよなーと思いつつ、名前がやけにごつくて男っぽいからあえての女だろう。そう考えてた視聴者は多いのではなかろうか
ゲームだと説明欄にオズロックに忠実な男と強調してるあたり、狙ったとしか思えない
そんな高笑いの似合う男とそれに忠実な性別詐欺男率いるイクサルフリート
動きづらいユニフォームを身に纏い、いざキックオフ!!
ちなみに僕はイクサルウェア結構好きです

今回の主な点は
・サッカーどうでもいいけど決着はサッカー
・消されるファラムディーテ
・イクサルの憎悪に強大さ
・もはや生きてるかわからないレベルの数々の技
・ついに現れるオズロックのソウル
そんなわけで40話を見ていこう

サッカーを利用し、コズミックプラズマ光子砲を自分の手中に収めたオズロックだが
当然天馬は怒る
天馬怒る
サッカーなんざもうどうでもいいと言いつつも決着はサッカーでつける

相手の土俵で叩きのめした方が愉快だからね、仕方ないね

大幅に狂った計画にカトラとララヤも動揺を隠せない
二人の姫の動揺
しかし、コズミックプラズマ光子砲って毎回噛まずに言えるのはすごいな・・・
実際現場だと噛んで言い直してること多かったりするのかな?

宇宙を奪う!それがオズロックの目的

九坂「あいつ・・・どうかしてる・・・」
全くです


最近セリフの多いヒラルが出しゃばるが、バラン兄弟にかき消される
あそこにブラックホール!!
あそこにブラックホール
どうやら新たな技を取得したようです


だが、オズロックの放ったシュート1発で消滅してしまう

ファラムディーテ、デリート完了

美味しいところで登場する黒岩
敵の計り知れない狂気に立ち向かう感情・・・それがあるかどうかと問う

まぁ、それはさておきキックオフ
相手は守りメインの陣形のようだが
守備より
敵から感じる殺気に動揺を隠せない天馬だが、神童に見抜かれ力を抜くよう指示される
試合開始と同時に軽快なパス回しがはじまるが・・・?

イクサルフリートから発せられる闇のオーラ!!
これぞまさに「凍てつく闇の冷たさ」ってやつですかね!

しかしそれでひるむアースイレブンではない
天馬の渾身のZスラッシュにより突破!!
しかしゲームでは今作「こんしん!」廃止になっちゃって・・・
つまり天馬の主人公補正は技威力1.25倍くらいになってるんですかねぇ

瞬木にパスが回るものの


ジャッジメントレイ
ジャッジメント・レイ
テイルズに出てきそうな魔法ですね


瞬木は相手の不幸自慢を聞くのが大嫌い。どこぞの幻想殺しさんもそげぶしてあげてください
最弱2

さらには野咲の跳躍すら超えられる
圧倒的跳躍力
オズロックにボールが回り、どんどん突破される

高空に勢いよくボールを蹴り出し
スターゲイザー
スターゲイザー
キャラの割には綺麗な技ですね

ライズングスラッシュにてセーブを試みるが突破
ライジングスラッシュ
そもそも井吹って足怪我してた気がするんだけど大丈夫なのだろうか
そしてなぜゲキリンダンクを使わなかった

失点したものの、先制点を取られることによってアースイレブンはさらに強くなるとポトムリが説明する
さすがは優秀な科学者なだけあってその辺りのデータはぬかりない
しかし相手キャプテンもなかなかのデータ戦士だ
データサッカーが来るかもしれない(中の人ネタ

だが、イクサルフリートの気迫はもはや憎悪
覇王色の覇気びっくりですね

サッカーであってサッカーでない
そう、超次元サッカーだからね

キャプテンの衝突、即ち覇王色の覇気の衝突!!
覇王色
そろそろワンピ新刊発売近いんでワンピにどうしてもネタが偏るよね


剣城のバイシクル、さらには瞬木のパルクールを打つと見せかけた2重フェイントからの
バイシクルフェイント
ファイアトルネードDD
ファイトルDD
相手GKがわざとボールを受け、与えて壊す戦法を実行するイクサルフリート
剣城がいると鋭さが違う!そう、トンガリだけにね!!

キックオフと同時にアースイレブン全員を吹き飛ばすスターゲイザーを打ち込む
吹き飛ぶアースイレブン
もはや井吹が生きてるかどうかすら危ういこのシュート
ゴッドエデンでの白竜のホワイトハリケーンを受けた経験がある彼らには慣れたものです

何を言われてもサッカーへの想いでフィールド全体を覆い尽くすオーラを出す主人公補正がある天馬はまだ負けてない

なぜか選手一人一人がぶつかる描写がお互いに同じポジションの選手のような気はするが・・・演出上仕方ないのだろう

高笑いの似合う男オズロック
この男も当然のようにソウル使い
オズロックのソウル
だが、無属性である
確かにこのフィールドは無属性技の威力があがるシステムになっているが、今作は一致補正が大きいから風シュート技をお勧めしておこう
スターゲイザーでもいいが

君にはシャイニングドラゴンが似合うと思うよ!!
クラッシャー

スポンサーサイト
2014-02-21

イナズマイレブンgo ギャラクシー39話 「翔ろ!俺のソウル!!」 感想

時に世の中には想像を絶するほど元気な老人がいるらしい
元気な老人

しかし、サブタイトルずらした方が良かったんじゃないかな
そう思うくらい今週の方が天馬VS剣城やってた気がするんだけど

結局、作中で一番原点回帰してたのは黒岩監督のような気がする
最も、本人が直接やっていたわけではないが・・・

さてさて、僕も何か原点回帰しようかなと考えた
どうも日に日に突っ込みの精度が落ちているような、惰性で書いてるブログに感じられることがある
だから、もっと細かく見て精度を上げてさらに面白い記事を書くべきか・・・!
そう思った結果














どうせイナギャラもう終盤だし逃げ切っちまおう!
と、完全に言い切った向上心のカケラもねぇアニメ感想記事を書いていこう

希望のカケラを全て集めたアースイレブンでさえも、僕のやる気のカケラまでは集められなかったらしい
と、中の人の無駄話はこの辺にしておいて・・・(もはやお約束

今回はなかなか熱い試合界だったんじゃなかろうか
前回はグレートマックスな展開に全て持ってかれてしまったので今回こそ天馬VS剣城であり、アースイレブンVSファラム・ディーテだったと言える

もし、こんな熱い戦いを現実でもしたい!という人がいるのなら
最近宣伝の手伝いしてる名古屋対戦会に参加するといいよ!←クリックで記事移動

そんなわけで感想と言いつつ中の人の事情と宣伝が9割になってしまったが流れを戻そうか

ついに決着の付くファラム・ディーテ戦
かつて戦った様々な惑星の住民が見守る中、白熱の試合が繰り広げられた
黒岩監督の狂気、選手たちの奥に潜む「魂」の力、そしてそれらを集めて宇宙を救うというグランドセレスタ・ギャラクシーのもう一つの目的
すべてが繋がったその時、オズロックが動く

今回の主な点は
・黒岩の本気!?
・ソウルストライクの猛襲
・天馬と剣城のソウル覚醒
・今大会のもう一つの目的
・オズロックの真意
本気出してまとめればこのくらい端折れるんだね

ファラムの選手交代にて黒岩監督本人が参戦することになった後半戦
さらにこれはルール上も問題ないらしい
これが老害か・・・

黒岩「コンディションは完璧だ(キリッ!」
コンディション完璧
あなたのコンディションが良くても周りの選手の心の準備はまだだと思うんですよ

試合が始まると完全に無双状態
黒岩無双
皇帝ペンギン2号をバラン兄弟との連携で打つが、銀河ロケットにてセーブ
皇帝ペンギン2号
狂気な割には一番安定の2号打つんですね


二人の会話
井吹「(年の割に)すごいシュートだ・・・!」

葵「あれは確か、帝国学園の技よ(威力あんまりないけど)」


剣城が頭脳派コンビと競り合っているとそこへ突っ込む黒岩


味方も突き飛ばす
黒岩「甘すぎる・・・!この程度で宇宙最強決定戦だと!?」
ついには味方まで突き飛ばし、暴走状態

go1(シャイン/ダーク)でミッション中にGKが無敵モードなの利用して三国で同じことやってた人正直に手あげなさい

常識を覆さなければ最強の力は掴み取れんのだ
常識を覆す
せめて試合のマナーくらいは守ってくれませんかねぇ
もう年なんだから、若い世代に示しが付きませんよ

そして放たれるファイアトルネード
黒岩ファイトル
原点回帰だがそれ帝国の技ちゃいますよ

だが、これはファイアトルネードDDな二人の連携に止められる
ファイトルDDな二人
ブロックするときのフォームがDDっぽくていい演出

すると・・・!?


試合監視衛星が急に打ってきたレーザー
レーザーに打たれる

どうやら黒岩がアンドロイドだったのが原因でルール違反のバツだとか
ルール破ると破壊されるとか恐ろしいサッカーがあるんですね


そこから黒岩(本物)による常識を持った選手たちには理解できない演説が始まる
要訳すると「魂でサッカーしろ」とのこと
レーザーで壊される光景を見たらより体が強ばりそうなんですがね

先ほどのアンドロイド無双、そして黒岩の言葉により始まったのは・・・


「魂」のぶつかり合い

様々な選手から迸るオーラ!放たれるソウルストライク!
ソウルストライク

ついにキャプテンの二人が全てをぶつけ合う
座名九郎が随分点決めてますね

もしかしたら黒岩は己の全てをさらけだせと伝えたかったのでは・・・?
そんな超次元解釈ができてしまうのがこのなんとかなるさ教ですね

で、オズロックはゴッドハンドクラッシャーの準備でもしてるんでしょうか?
高笑いのよく似合う男です

再び不正行為に対して衛生からレーザーが打ち出されるが・・・!?
謎のポーズでぶつかり合ってる二人にはそんなもの関係なかったらしい
陸上でゴールするときのポーズ的な
謎ポーズでぶつかる


ついにはソウルどころか二人共獣化してしまったのだが・・・?

剣城のソウルストライクでついに突破される信助

これで同点に持ち込まれてしまうが、アースイレブンも黙ってはいない

ついに出る天馬のソウルストライク
ホースのソウルストライク
本人が見えず、乗せてる瞬木しかいないせいで瞬木の技にしか見えない件について

ちなみにこの天馬のソウルをゲームで自由に使えるようになったのはつい最近2/20だったりする
なぜ主人公のソウルをここまで引っ張ったのか?
さらに言えばgo1のシャイン、ダークではイナクロの発売1週間前までペガサスの化身が自由に使えなかったという酷い過去もあったりする

最後は瞬木のシュートで決まり、アースイレブンの勝利


ヒラリ「ヤラレちゃった・・・(意味深)」
ファラム敗北
こんなことを書くと僕がジャックナイフされそうで怖い


剣城は試合に負けたが、勝敗より尊いものを手に入れたという
なんなんだろう?ソウルの話?化身より威力がイマイチな

そして始まるカトラ姫の演説
カトラ演説
彼女はグランドセレスタ・ギャラクシーの真意「宇宙の危機を救うこと」について話す
ブラックホールを打ち消し、宇宙を救うためのコズミックプラズマ光子砲のためにライフエナジーを集めたことを説明し歓声が湧き上がる

剣城はアクロウスに言われこのことを知っていた
試合が終われば和解、剣城おかえり!

そんなムードの中、スタジアム全体を覆うかのような大掛かりな機械が動き出す
だが、この男がそんなあっさり終わらせるはずがない


やはり立ちはだかるか、オズロック
そう、ついに手に入れた「宇宙を支配出来る禁断の力」
高笑いの似合う男

もちろん始まる天馬の説得モード

天馬「サッカーがサッカーがくぁwせdrftgyふじこlp;@:「」」

オズロック「サッカー人間じゃねぇぞ・・・?意味不明」

どっちも間違ってない気がしてすごく・・・突っ込みづらいです

しかし、サッカーなんてどうでもいいって言いながら結局サッカーで決着付けるのならこの議論は天馬の勝ちだね☆ミ

ついにこれが最後になるのか

宇宙の存亡を賭けた最後の超次元サッカーに!

2014-02-14

イナズマイレブンgo ギャラクシー 38話 「天馬VS剣城!」 感想

非常にグレートマックスな回だった

天馬VS剣城というよりはグレートマックスな回だった

だが、座名九郎と言えばいかにもな専用技があるはずなのだが・・・
なんかこのまま出ない心配すらある

というわけで、例の技のスクショでも追記に貼っておこうかと思う
まだでないと確定したわけじゃないものの、グレマが先に出るとなんかねぇ・・・

だが、それ以外にも様々な技が出て、なかなか勢いはあったように思える
新技も結構ありましたねー ちょっとゼルダを闇の神殿まで進めなかったのが悔やまれるシーンが
とまぁそんなわけで主な点としては
・ほぼ全員になにかしらの見せ場
・天馬と剣城の激しいぶつかり合い
・かつての味方は敵になったほうが強くなる
・途中からGKにダイレクトアタック
・意外と細かいパスの判定
・もう一人の守護神「西園信助」
・グレートマックスなオレ!(ワタシじゃないのか
・選手交代・・・!?黒岩監督!?

ああ、こうやって並べると結構印象に残ったところ多いね
主な点というよりは勝手に印象に強いシーン並べてるだけだよねっていうのはもはや恒例

タイトル通りの剣城と天馬の競り合いから始まる38話
激しい攻防
BGMの勢いが非常にいいと思う
そしてやたら入る回想シーン
回想でグダるのはワンピースだけにしてくださいね

この手のキャラは味方でいるときより敵になる方が強いからね、仕方ないね
最も、ゲームでは今作の剣城は結構強いけどね!!

と、二人の競り合いがいつの間にか終わり全員のパス回しが始まる

グリズリーのソウルストライクはもはや獣○・・・僕にはとて言えない言葉だ
グリズリー

ホログラムロック
ホログラムロック
くっ!時オカを闇の神殿まで進めてれば自分でボンゴボンゴの画像を
というわけで広い物のボンゴボンゴ
20-16.jpg

全員がなにかしら見せ場がある、素晴らしいサッカーの試合じゃないか

使い回し技もあるものの、それぞれの専用技は大事にしてあげよう、うん
黒岩が剣城に何か指示を出した


そう、井吹の右足を徹底的に痛めつける作戦
右足攻撃
そもそも、鉄骨落として選手を本気で殺そうとしたり、2,3回使えば体に不可どころかサッカーが出来なくなる禁断の技使わせたりしてた監督だ

この程度じゃ生ぬるいっすね

というわけで井吹のリョナを数分間楽しませるファンサービスでしょうか(マテ

とにかく右足を攻撃!攻撃!ボールクリアしたあとものしかかって攻撃!

うん、これでこそイナズマ(ry
そろそろ自重しよう

そしてなぜか相手のシュートに対して、イナズマらしからぬ細かい判定でノーゴールのジャッジ
ノーゴールジャッジ
パスの位置が少しダメだったみたいですねー

ゴールラインをちょっと超えてたのは確かにダメですねー
そうそう、このくらい細かい判定しなきゃ大会は成り立たないね!
井吹の足「せやな」

前半はなんとか乗り切って後半は信助に交代宣言
怪我を隠してたのは心配されたくないから

ここで鉄角や瞬木の弱点を攻めるのが正しいVS何やってもいいわけじゃないという口論が少しあるものの・・・

神童「それが黒岩監督のやり方なんだ」
そう、黒岩だからこそどんな卑劣な手段も許される
過去にも何かあるたびに「影山のせい」で処理されてた時代がありました
死人が出ていないだけマシだと思うしかありません

割と地味なパスワークが続くが、全員に見せ場があると思えばこれも悪くない
信助はぶっとびパンチの調子が良く、カザンライを無事セーブ
ぶっとび

だが、バラン兄弟のスクリームオブエデンについに破られてしまう
シビレ強いからね、仕方ないね

剣城のドリブルを止めることにも失敗し、まずい状況を鉄角のデッドストレートのカウンターに救われる

もちろん相手GKもリバウンドレイヤーでセーブ
リバウンドレイヤー
互いにDF,GKがなかなか機能している試合じゃないでしょうか

ここであえての攻めの布陣に移る
そう、信助ならきっと止めてくれる

剣城のバイシクルソードが来るが・・・!?


ぎんがロケット
ぎんがロケット
ぎんがロケット2
名前がちょっとアレなのは突っ込んではいけない

ちなみにこの技、ゲームだとこのイベントでカウントダウンのSE流れたりするので未プレイの方はぜひ!

そして攻めに転じる
体を思いっきりしならせ、風穴ドライブを決め座名九郎にパスするが決まらない

鉄角のフットワークドロウ、神童の神のタクトFIとどんどん繋がる


さて、先ほど決まらなかったこの男

胸に秘めた何か、とんでもない何かが弾けようとしている
胸に秘めた台風の力
この男、覇王色の覇気持ちか

円堂「思い出せー!」
円堂の洗脳


今ここに再誕する・・・!!
座名九郎 グレマ


グレートマックスなオレ!!
座名九郎 グレマ2


スーパー!!
座名九郎 グレマ3




グレートマックスなワタシじゃなかったのか!!!


この技を見た天馬は何かを思い出したようだが、きっとこれ以上は触れられないだろう


そして再び激しい攻防が始まったが・・・?

ファラムディーテは選手交代


交代する選手とは・・・!?


まさか・・・黒岩監督が!?
黒岩が交代


そういやぁゴッドエデンでもいきなり教官が5人くらい入ったし特に不思議でもないな

続きを読む »

2014-02-06

イナズマイレブンgoギャラクシー 37話 「決戦!ファラム・ディーテ!!」 感想

かつての親友が敵となり最後の試合に立ちはだかる
そんな展開はもう慣れたもの
だが、やはり動揺は隠せないのが人間
そんな天馬達が全力で試合に望めるか・・・!?

今回は使い回し多いとはいえ技の連続はよかった
バラン兄弟もあそこにUFOを対策してきたとのことでどう倒せばいいんだ!?(ぁ
ソウルストライクを使うたびに溜まるなにかのゲージが気になりますね
この試合によってオズロックの目的がなにか達成されるのか
楽しくサッカーをやると決めた天馬達にはまだまだ試練がありそうです

今回の主な点
・今まで戦った星の住人も観戦
・主人公補正全開相手に勝たなければいけないファラム
・本物の女王になれるか?ララヤの演説
・敵監督はなんと黒岩 しかし操られてはいない
・バラン兄弟のあそこにUFO対策
・技の連続、そしてソウルストライクにより溜まるゲージ
・井吹の怪我 バスケを活かした戦い
・天まで届けは原点回帰?
・寿命の長い技パルクールアタック


こんなところか
我ながら原点回帰にだいぶ突っかかっているけど、剣城が敵になるとか天まで届けとかその辺はそういう解釈になるのかな


敵になった剣城を見て瞬木の毒舌っぷりは流石
瞬木の毒舌
形はどうであれ、今目の前にいる敵キャプテンが剣城なのは事実ということか

惑星の運命を賭けたこの試合にはカトラやララヤも観戦をする
かつてのライバル
かつてのライバル2
ララヤ観戦
カトラ観戦
たかがサッカー、されどサッカーだが激しい戦いになる前触れが続々と・・・
不安を抱くのはアースイレブンだけではない
ララヤもまた、自分の立場に不安を抱いている
剣城の言葉により、ファラム・オービアスの女王として役目を果たそうとする

そして始まるララヤの演説
ファラム・ディーテの全員、そして会場の一体感!!
彼女はついに本物の女王になれたのかな

1テンポ遅れて膝まづく剣城にちょっと笑った

完全にアウェイになってしまったアースイレブンだが・・・大丈夫だろうか
キャプテン・天馬の動揺が与える影響はデカイが?

さらに動揺を誘う展開が!?
そう、敵監督は黒岩流星
お、黒岩が監督なら楽勝じゃね!?
そんなこと言う選手はいなかった

操られてる疑惑がかかるが、剣城は否定する
操られてない
地球を倒し、ファラムこそが生き残る
お前の兄さんも地球にいると思うんだけど?
二人だけの世界モードに入っても説得できないとは流石設定上大親友な三流シードさんですね!
二人だけの世界モード

紫天王も本気モードですね!
頭脳派コンビに挑発するバラン兄弟

なんと!あそこにUFOの対策バッチリ!!!
あそこにUFO対策
やべェ・・・これはやべぇぞ・・・
なんだかんだでこの二人ってこれ以外の攻略法なかった気がするんだ
そしてあそこにUFOを一致で打てること考えたら実はこの二人に合ってる技かもしれない(笑)

年増おばさん・・・ではなく、ヒラリ・フレイルのジャックナイフにより始まるファラムのワンサイド
ジャックナイフおばさん
年増ってのはゲームのネタだったり
サザナーラでのヒラリと瞬木の戦いがゲームだと結構面白いんでアニメオンリーの人もやってみるといいよ!
とりあえずゴールデンタイムにTVで出来るような内容ではなかった

ヒラリとロダンのパス回しからの無理やりなシュートに撃ち落とされ、足を負傷する井吹
これはまずいな
森村と皆帆がなんとかカットする
九坂「あれ?それ俺の役目じゃ?」

防戦一方なこの状況で野咲が天馬に問いかける
どうしてサッカーで苦しんでるのか?楽しくやらないのか?
野咲は天馬に言われたからこそ「楽しむこと」を思い出して欲しい
サッカーを自分で苦しいものにしていた・・・!
大体オズロックや黒岩のせいだと思います

そして始まる剣城との対峙
俺を親友だとでも思ってたのか!?
かつての三流シード
いや、雷門中を潰そうとした三流シードかと

剣城を最強の相手と認めてる天馬がgo1の黒裂を思い出しますね
本編が原点回帰する気がないのなら僕の感想記事で原点回帰してやろうじゃないか!!!

天馬が吹っ切れて、風穴ドライブから始まる必殺技祭り!!

そよかぜステップ∞とか来るんじゃないかって思ったけどそんなことなかった

そして試合展開はソウルストライクの連続へ
ヒラリのソウル
オズロックが高みの見物をしながら、なにかゲージが溜まってる様子
このゲージは一体!?

ついに剣城に回るパス
2本のシュートをなんとかセーブすると来るバイシクルソード

まるでFFXのジェクトシュートのようだ
これでファイアトルネードなら完全にそうだった
動画見つけたから埋め込んでおこう こんな技


続くはロダンのカザンライ
しかし、井吹も新技発動!「ゲキリンダンク」
ゲキリンダンク
使っても混乱はしません

森村にマークしてるリュゲルはあそこにUFOでもやってるのか?

息吹はバスケの経験を活かし、パスからの超ロングスロー!!
うん、せめて超次元サッカーやれよ

瞬木にボールが回ると、なぜかやたら寿命の長いパルクールアタックにより得点
やたら息のながいパルクール

この試合、俺たちが絶対に勝つ!
最後の試合

2014-02-06

イナズマイレブンgoギャラクシー 36話 「最凶!イクサルフリート誕生!!」 感想

黒岩監督とは結局何がしたかったのか?

突然黒岩の狂気がなければここまで来れなかった・・・という話になったが意味不明なこと言っては座名九郎が都合いい解釈してただけの展開が繰り返されてたこれまでの試合
あまり監督が優秀すぎても選手の見せ場がなくなってしまうのもあるだろうけど・・・
そしてゲームやってる視聴者にとっては、化身使いをあえて起用せずに「ソウル」にこだわったことこそ一番無能と言いたくなる場面じゃなかろうか・・・
ゲームだと化身も使えるが、イシガシが大して役に立たないと思うけどご自由に?って感じのスタンスでしたよね
実際瞬発火力あるし優秀な高倍率スキルもあるから強さだと化身が優秀でなぁ・・・
ソウルも便利っちゃ便利だけどもう少し何か欲しかった!!

結局、原点回帰ってのも今までよくわからなかったけど、鉄骨落としは初代イナズマに、今回の剣城が敵になって戦うという展開はイナズマgo1に原点回帰だとある意味言えるのだろうか



今回の主な点は
・黒岩が監督をやめる
・ここまで来るのに必要だった黒岩の狂気
・オズロックの目的、それを利用しようとするカトラ
・ピクシーの中身はおっさんだった!
・アースイレブンの変わりつつある目的
・敵として君臨するかつての仲間

いきなり監督を降りる黒岩

本当ですか!?どうぞどうぞ!!
って言いたくなる選手も視聴者もそれなりにいると思うんだ

しかし天馬はどうして監督を辞めるのか問い詰める

お前たちに私はもう必要ない。私を必要としてくれるところに行く
そんなこと言ったら元々(ry

結局最後までニヤリと表情を変えるだけの黒岩監督
彼の狂気があってこそここまで来れた・・・と

どっちかというとカトラと天馬信じたからじゃないですかねぇ

どんな状況も一つの指示(を座名九郎の解釈)で変えてしまう黒岩
どんなときもぶれない(が天馬にはすぐデレる)剣城

この二人の心強さは大きいものがあった

天馬はより自分の責任の重みを感じてしまうが神童の労いでなんとかなるか?
神童のフォロー

一方ポトムリサイドはオズロックの目的のために何かを始めようとしている
ポトムリ

かつてキエルを飲み込んだブラックホールの3倍の大きさがあり、出力が足りない
相変わらず銃のデザインに古さを感じますが、きっと彼も本気なのです
銃のデザイン
そこへ現れるカトラ、オズロックに幽閉されていたようだが?

故郷の最後に王宮から連れ去られた
捕まるカトラ
そして知ったのがオズロックの真の目的「コジミックプラズマ光子砲で宇宙を支配」
だが、カトラはオズロックに従うと決める
そう、例え支配されたとしてもとりあえず宇宙を救うことが出来る
きっとカトラはどこかでポトムリや天馬達を強く信じているからこそ言える言葉なのだろう
一旦救えれば、そっこからオズロックと敵対して奪い返すだけの戦力はあると確信しているんじゃないかな?
もしくはオズロックを説得できるだけの力があると

そしてララヤ&剣城サイド
ミネルにより二人が救出される
ララヤ救出
そして黒いピクシーより現れる真の姿
アクロウス
なんと、おっさんだった
若い頃のアクロウスじゃないのかここ(笑)
剣城になにかを伝えに来た・・・?
ララヤはファラムは滅びるべきだと、決意するが
剣城「俺を試合に出してくれ!ファラムは地球に勝利する!!」
ファラムのキャプテン
やはりお前は敵として出たほうがノリがいいな

そしてこっちのピクシーも・・・?
サージェス
天馬の前で急に現れるやたらノリの軽いおっさん
サージェスというこの男・・・この男が今まで天馬にベタベタしてたのか
カトラに仕えてた騎士・・・か
カトラからの伝言「お前は次の試合全力で戦え!」
いきなり現れて好き勝手言い放つおっさんとはこれいかに
おっさんが妖精に憧れる そんなゲームもあったね

サッカーの話してると思ったらカトラサイドは宇宙の運命の話をしている
繋がってるはずなのに何かがおかしいが、イナギャラをここまで見てる人にとっては何の違和感もない展開のはず!

こんな時にアースイレブンは何をする?
とにかく特訓!
井吹は神童を認めさせるという本来の目的はぶれないようで、神童が参ったと言わない限り辞めるつもりはない
神童はそれに対して一生辞められないなと冗談をいうが
ゲームのステータス考えるとあなた人のこと言えないんですよね・・・

瞬木&信助は「努力」についての価値観の違いを互いにぶつける
瞬木の毒舌っぷりが非常に映える!!(笑)
アースイレブン自体がサッカー知らなくても才能あるやつら、つまりソウル使いを集めたチーム
その時点で努力という言葉がだいぶ否定されてしまうのもまた事実
でも今となってはレジスタンスジャパンのが数倍強かったんじゃね?と思えなくもない

頭脳派コンビも最後の試合に向けて100点満点の動きが出来るように調整
いつの間にか優勝することが目的になっていた・・・

鉄角と座名九郎はよくわからない川下りをしながらのボクシングと歌舞伎の謎理論の褒め合い
ボクシングの動き
歌舞伎の動き
バランス取る動きがそれぞれの長所を活かしてるということなのだろうか?

そしてキャプテン「天馬」の決意
今なら言える、このチームでよかった

そしてその天馬と戦うことを誰よりも楽しみにしてるこの男
「剣城京介」
ララヤに試合をしっかり見ていると強く言い放つ
そしてファラム・オービアスを勝利に導くと
やっぱり敵サイドの方がノリノリじゃないですかー!!

そんなところについに本質を見せるオズロック
ファラムを占拠し、新国家「イクサリフリート」を誕生させると
アーロン帝国
かつてファラムに敗れ184名が逃げ出すことになったが、しばらく時が経ち、わずか11人だけが目を覚ました
なるほど、サッカーやるのにちょうどいい人数ですね

あまり喋らないからいないかと思ってたバラン兄弟いたんですね
剣城は皆の士気を上げるために声を掛ける
もう何の迷いもない・・・!

天馬はついに生カトラに会うことに!
4つのカケラが揃ったけど、この試合に勝利しないと宇宙を救うことはできない

この試合はかつてないほど激しいものになる
少し前に未来人の超能力者と戦ってる天馬にとっては朝飯前ですね

これまで天馬達を送り出してくれたいろんな星の人々
彼らの想いも背負い、いざ試合に望む


そう、そこで目の前にいるのは


かつての友「剣城京介」


目の前に敵キャプテンとして君臨するその男と


戦えるの・・・か!?

Copyright (C) 木陰の岩の眠り猫. All rights reserved. Template by Underground