2014-03-20

イナズマイレブンgo ギャラクシー 育成論

持論全開の育成論と行こうか!
イナズマイレブンgo ギャラクシー スーパーノヴァ/ビッグバンの育成法の一例でも

発売直後に買った人はいろんな対戦ルートの開拓が出来た人、自分なりのチームが決まってきた人、細かい調整法が確立してきた人と様々じゃないでしょうか
そろそろ休みに入って、やっと買えた人なんかもいるでしょう
そんな人のために大まかな育成法でも書こうと思って持論でも展開していこうと思います
前作でもこんな書き出しでしたね(笑)
そんなわけで、自分なりの育成法(中には他プレイヤー様を参考にしてる部分もありますが)

これまでのシリーズと違い、天秤システムが無くなったので、いわゆる「極限育成」が出来なくなってしまった今作の育成システム

これについては賛否両論でしょうけど、対になるステータスを1まで下げた綺麗なステータスを眺めるのが好きだった身としては自由度が下がったように感じて少々残念ではありますね

そんな中、どんな数値に注目するべきか?というわけで
まずは「のびしろ」という数値について
これまでは「自由値」とか「潜在値」って呼ばれていた数値ですね
過去作では多くても100以下でしたが、すべての選手が200以上に設定されています
この数値を各ステータスに振っていくわけですが、基本的にはこれまでと同じです
特訓をしたら欲しいステータスに振りたい分だけ降っていく
ブラックルームの特訓画面の右上に各選手に設定されているのびしろの数値が出ているので、ここがMAXと表示されるまで特訓を行えばその選手の育成は完了となります

ここまでの説明は作中でもすぐ聞けますが、実際これで育成法自体の説明は終わりですよね(笑)

しかしせっかく持論ぶちまけていこうと宣言したのだからいろいろ振り方の例を出していきます

1.極振り型
コマンドバトルの威力のみを求めた育成法というべきでしょうか
そんなわけで、goシリーズで常にトップクラスのシュート火力を誇るこの男
白竜
えぇ、白竜ですね

化身の超技が3つ搭載出来るという理由で剣城と共に本当に一流になった究極さんです


俺と剣城の力があればこの程度当然だろう




ステータス優秀、スキル優秀だからね!流石究極を目指す男




まぁな、究極を目指す俺に敵はない





しかし、スカウトがめっちゃ大変なのはどうかと思うよ






中途半端な気持ちで俺の力を使えるはずがないだろう





(うわぁ・・・開き直った)




そんなわけでこの極振り型はコマンドバトルが得点に直結するFWやGKに特に多いと思います
もちろんMFやDFもこうすることでコマンドバトルやパワードリブル、パワーブロックの発動率が上がる部分もあります


2.調整型
こちらは人によって目的がいろいろ変わってくる型ですね
まずは「自分依存の調整型」
その中の一例としてまずはこの子!
スピード300調整の塔子ちゃん!
塔子



あたしがMFか~やるからには頑張るよ!






正規ポジMFな割に今までDFとして使うこと多かったからね





固有技がブロック技だからね、だけどこれってどういう調整?





大体ドリブル≒スピードくらいに揃えるのに便利かなって思ってギリギリな300調整にしてみた




http://blog-imgs-63.fc2.com/x/y/s/xystone/20140320173024ccd.jpg

そっかぁ~、頑張ってボール運ぶからね!




実際はもう少し抑えても大丈夫だろうけど、ドリブルとスピードが同じくらいになるとなんとなく走らせやすく感じたのでこのような調整をしました

この「調整型」はコマンドバトルにおいては当然弱くなります
火力スキルがついている場合や属性で勝っていればあまり問題ないですが、属性相性が五分五分な場合は極振り方に当然負けるでしょう
パワーブロックやパワードリブルをくらってしまう場面も増えてきそうなので、スピードを主力にする場合はあまり相手選手に触れない動きをする必要がありますね
こういった調整はMFやDF向きかなーと思います
もちろん、最低限の威力を確保して少しでもボールに追いつきやすくスピードあげたり、ちょっとでもトラップミス下げようとキャッチに振る場合もあるとは思いますが

次に「相手依存の調整型」
やっていることは自チーム依存の調整とそんな変わりませんが
対戦ルートのドロップ作業で粘るチームのよくぶつかる選手に対して
計算式を踏まえた上で「このステータスならコマンドバトルをやった際に少しトータルパワーを上回れる。」とか「このブロック値ならギリギリで競り合いに勝てる。」というような調整
これに関しては例を出すのが少し難しいので説明だけですが
今作は特訓のやり直しが効くので、技レベルをあげている間だけコマンドバトルに勝ちやすいステータスを作るという調整をすると試合でドロップ作業をしながら技レベル育成もしやすくて効率がいいです

と、大雑把に2パターン(3パターン?)書きました

調整をする上で最低限忘れてはいけないものもありますね
「技の難易度」というもの
極限育成が出来ない今作では、そもそもテクニックを極限まで下げるという調整自体が出来ませんが、テクニックが不足して、テクニックを上げる装備も揃ってない時は当然難易度分のテクニックはあったほうがいいです
難易度とテクニックの関係については前作の極限育成の記事に書いてあるのでそちらを参照ください

お次は前作から続投の「ミキシマックス」について
素材選びをどうすればいいか?
この優先度も前作と変わらない気がします

スキル(ベスト)≧属性>高ステ
少し配置変えましたが、こんな感じ

スキルの優先度が高い理由としては
コマンドバトルするにあたって、やはり威力を上げるスキルというのは強い
今作はかなりステータスも影響が強くなりましたが、それでもスキルの倍率は高い
コマンドバトルを目的としない選手でも、機動力やパスワークを強化するスキルを多く付けられるに越したことはないので、基本的にはスキル2つ継承が目的になると思います

次に属性について
ステータスの継承率はだいぶ落ちましたが、それでも1でも多く目当てのステータスを増やしたい!
そうなるとやはり属性の優先度がありますよね
風でスピード強化が欲しいと考える場合はやはり風が強いかなぁ
ちなみに、スキル≧属性とイコールを入れてる理由としては、スキルのドロップが全て可能なので、元から強いスキルがある選手の方が素材にする上で楽ですが、最終的には属性やステータスの高い選手に同じスキルをつけた方が強いからと言う意味のつもりです
だから同じスキル構成を用意出来るのなら、高ステで目当ての属性の選手が最適解でしょう

他にも技や見た目で選ぶという選択肢もありますね
スキルつけた方が便利ではありますけど、常時ミキシ状態なのを考えて見た目の変わらない素材をつけて8つとも技にするってのも面白い気がします(笑)

ここまででスキルの強さについて結構触れましたので、代表的なものをいくつか
まず、威力出すにあたって特にスポットがあたっているものを

化身の超技
ただでさえ化身技が強化された今作でそれを2倍にするという恐ろしいもの
白竜、剣城、ザナーク、座名九郎ではベストマッチで3つ搭載できるというのが有名ですね

チェインシューター
チェイン自体は本来の50%ですが、このスキルのおかげで大幅強化
直接的なデメリットがない上に重複効果があるのでかなりの強スキル

ちょうわざ!
前作ではこんしん!やかんぜんねんしょうとの組み合わせが非常に強力でしたが、それらが廃止され少し使い勝手が落ちました
オーラ発動時には多少緩和されるものの、燃費も悪いのが難点ですね
それでも技の属性を選ばずに強化出来るのは強いかな

○○の心得
倍率だけ見れば低いものの、上記にあげたスキルと併用することで大幅な底上げになるスキル
一致補正が強いことを考えると、技を一色属性に統一する人も多いと思うので大幅に使い勝手が上がりました直接的なデメリットがないのも大きい

シュートブロッカー
SB限定でデメリットのないちょうわざといったところ
なかなか強力ではあるが、シュート側がインフレ火力を出している状況では少し強さを実感しづらいかも
それでもDFのスキルに迷ったらつけておいて損はない

イケメンUP(おいろけUP)
火力増強というよりは相手を下げるスキル
相手が強ければ強いほど効果が大きくなるので優秀ですね

○○+30
+10や20もありますが、基本的には30優先ですね
ステータスの依存度が上がり、これも悪くない性能になったと思います

他にもありますが便利な火力スキルとしてはこのあたり

次に機動力を上げるスキル

瞬発力
プレスや線引いて移動するときに早くなりますね
バリウスの化身スキル等と併用するといい速度が出ます

クイックパス
遠くからでもダイレクトパスが繋ぎやすくなります
ただ、慣れないととっさに出すパスが早くて味方が追いつけないこともあるので注意

クラッシャー
そこまで効果実感できないって?
オズロックにゴッドハンドと組み合わせて中の人ネタができるじゃないか!

リカバリー
硬直時間を減らせるスキル
必殺T受けたあと何かに立ち直り早くなるので強いかな

トラップ上手
パスやスローインを相手と重なった状態で受ける際の競り合いに勝てるスキル
優先度はトラップ上手>トラップの帝王(カマイタチ)(ブロック値が同じなら)

○○+30
ステータス次第ではこちらにも分類されますね
ブロックやスピード底上げして競り合い強くしたりするのも面白いかも

と、大体の代表的なスキルを上げました
ここに明記してないものでも組み合わせ次第で強いものはまだまだあります
ロングシューター+チェインシューターとかドリブル選手軸にしてアシストとか!
単体運用でも効果がかなり実感出来るものを書きましたので


次はオーラの選び方でしょうか
せっかくだし誰かに説明させよう
まずは化身編


僕らソウル使いなんですけどね・・・





いいんじゃないかな真名部君 ソウル使いとして化身について調べるのも興味深い





それもそうですね。ではまず選ぶときのポイントから調べていきましょう



性能に大きく関わるのは「技の威力」「技の属性」「スキルの効果」ってところかな




次点でKPとKAの比率とトータル、使用者とのポジションですね




と、ここまで書いて疲れたので残りは普通に文章で

化身必殺技を使う前提ならば、化身技の威力が強力なものを優先し、さらには使用者と一致属性で化身スキルもステータス向上や○○の雄叫び等の威力を上げるものを選ぶと強くなります

KPとKAのトータルはベースパワーの大きく関わってきます
使用者とのポジションが一致していた方が少し強くもなりますね
さらにはアームドの時間がKAが少ない方が長続き、KAが多ければすぐに消えます


次にソウルについて
これも誰かの喋らせよう

ソウル選ぶときのポイント?そんなの聞いて何になるんだよ?どうせ使わないんだろう



確かに技の威力で考えると化身には劣るかもしれないけど、ソウルはソウルで使い道があるじゃない




へぇ、まぁ俺のソウルはアニメで活躍したからどうでもいいけど



と、投げ出されてしまったので普通に文章にて説明

ソウルの特徴としては
・自然に消えない
・コマンドバトル時は行動に伴って経験値が入りSP増加
・対化身時に加算されるベースパワー補正が高い
・一つのソウルに複数の効果がついたソウルストライク搭載
「強い」というよりは「便利」という側面を感じる要素ですよね
シュートチェイン、シュートブロックする選手につけて消えないアームドのような使い方をしたり、ドリブル特化のMFに付けて、スピードやドリブルが強化されるソウルストライクを使ったり、全員のTP回復を狙ったりと使い方はいろいろあると思います
難点としては、瞬発火力としては難しいのと、ソウルストライクがルーレットを当てること前提になるので、目押しが安定している人でないとなかなか活かせないというところでしょうか

技レベルあげるときなんかは相手FWが化身出して突っ込んできた時に、低レベルなブロック技育てるのにソウル使うと対化身補正と消費軽減があって使い勝手良かったりするんですがね

選び方に関しては使い方次第で結構変わってきそうです


大体こんな感じですかね
細かい調整ごとにいろんな選手紹介したい気もしますが、実際はパターンごとに分けると大体この記事の内容くらいにまとまったのでこれでいいかな

結局は僕の意見がほとんどですが、他プレイヤー様に聞いたことなんかも参考にしつつ調整している面もあるので、この記事を参考にしつつ自分なりの育成法をいろいろ考えてみるといいと思います


スポンサーサイト
Copyright (C) 木陰の岩の眠り猫. All rights reserved. Template by Underground