2016-11-19

世の中はポケモンムード?

流石に学生時代に比べると、発売日でも周囲から「ポケモン」のキーワードは全然聞かなくなりましたね。

ポケモンと言えば(というか割といろんなゲームが)木曜に発売のイメージありましたが、XYからは全世界同時発売で金曜だったり土曜だったりとずれているんですねー。

もうしばらくポケモンの新作には手出してないので、すっかり興味が薄れてしまいましたが、今回は体験版との連動でサトシゲッコウガが出るみたいで、そこだけ興味あったり。
とはいえそのためにプレイする気にはならないので見送りかな

タイトルの「サン」「ムーン」と聞くとどうしてもロックマンエグゼを思い出します
周回ゲーで批判の多かった「トーナメントレッドサン」と「トーナメントブルームーン」
ポケモン、エグゼ共にGBAの作品としては知名度の高い名作ですよね

最近だとTOBがそうだけど、GCのポケモンコロシアムのようなダークヒーローの作品がRPGとしては結構好きです
本家ポケモンは基本的に王道ですよね。何をもって王道というのかわからないけど!

そんな発売記念のちょっとした雑記です
サトシゲッコウガの種族値はゲッコウガより110高いみたいなので、シンクロ進化はメガシンカとほとんど同じ扱いなのだろうか

スポンサーサイト
2016-09-24

最近懐かしいものに弱い

FE0のおかげかカードに触れることが多くなった今日この頃

昔懐かしいポケモンカードが最近出てたみたいなので買ってきました
声入れた開封動画です。

当時とはテキスト結構変わってるけど、イラストが懐かしくていいね

2016-08-18

ポケモンXY&Z 38話 「カロスリーグ優勝!サトシ頂上決戦!!」 感想

結局、サトシは絶対に優勝出来ないんだね

ピカチュウが相性悪い600族2タテした以外、見せ場があまりなかった決勝戦
ゲッコウガも事前にダメージ与えたリザードンに勝てないんじゃもうだめだ\(^o^)/

オレンジ色の水手裏剣で期待させやがって、結局アランの勝ちか
アランは好きよ。でも負けて悲劇のヒーローポジションやってほしかったわ

フレア団との決戦があるだろうから、カロスリーグは前座の可能性も否めないけど、公式戦の大舞台だったのは事実
タクト戦ほどひどくはないにしろ、ヌメルゴンの扱いも雑だったし、もう少し活躍させてもよかったんじゃなかろうか
雨ごいを絆みたいに言ってたけど、無理やり感しか感じなかった。


露骨にテンション下がって雑な感想記事になってるけど、優勝期待してただけに少々雑な展開にガッカリ

作画は良かったと思うし、最後のリザードンとゲッコウガの戦闘の迫力もあったし、それ自体は楽しめた。
でも、フレア団編やるために駆け足で雑に感じたのもまた事実

とりあえずxy&z編は残り見ると思うけど、よほど熱い展開で巻き返しがなければ感想記事はこれで終わりかな。

2016-08-15

ポケモンXY&Z 37話 「決勝戦!サトシ対アラン!!」 感想

俺はあと二回の変身を残している、 この意味が分かるか
37-12.jpg
と言わんばかりに予告で新技をちらつかせるサトシゲッコウガ
ただでさえ影分身巨大水手裏剣がだいぶ超次元な技で視聴者とショータの度肝を抜いたのに、アラン戦ではまだまだとっておきがある。
これは本当に優勝行けるんじゃないか!?
しかし、ここでまたダイパの弊害というか、仮にアラン倒しても、タクトにこてんぱんにされた過去がちらついてくるのもまた事実
全国制覇して立海大付属の「皇帝」になった真田が、手塚に勝っていないわだかまりを感じていたように・・・!


という夢を見たのさ!ってことにして忘れよう
まだ、現時点では準決勝のほうが熱かったかな。
何より、タケシ達がサトシの勝利を信じているシーンでサトシとゲッコウガが同じ動きをしながらハードプラントを交わしているシーンが非常に好きで、ああいう第三者目線でシンクロを表現するシーンが来てからこそだと思う。
逆に言えばサトシゲッコウガ以外は消化試合感が出てしまうのもまた事実だが、やはり20年のキャリアを積んでいるピカチュウは強い。
相性の悪い600族もなんのその!
水で濡らしのも自由、相手の体にしがみつくのも自由!
小さな体でも20年のバトル経験を積んでいる彼らには相性なんて覆る。
ゲッコウガに食われない程度に、「中堅を2タテしてから大将に負けてゲッコウガにバトンタッチ」の演出に毎回決めていますね。

しかし、xy&zが終わるとなると、おそらくセレナは降板、優勝するとなればサトシも今後わかりませんね。
主人公が変われば、どれほどいい形だろうと既存ファンには離れる人が増えると思います。
10年以上ぶりに見てみたら、まだサトシがしっかりマサラ人してて興奮して見入ってるブロガーもここにいますからね!

ちなみに最近はサトシゲッコウガに影響されて、スマブラでゲッコウガ練習してます!操作精度低すぎてハイドロポンプでまともに復帰できません(笑)

初手ピカチュウ安定!まずは一勝もぎ取っていこう。
37-1.jpg
確実にレベルが限界突破してるであろう電気ネズミの実力、とくとみよ!
昔、ポケモンカードにジムリーダーのシリーズのカードがあって、「カスミのスターミー」とかあったよね。
あんな感じで「サトシのピカチュウ」って別ジャンルのポケモンに感じてくる。

相性悪いうえに砂嵐で目が痛い
37-2.jpg
ポケモンもトレーナーも顔を保護してる中、フィールドのど真ん中で平然としている審判は一体何者なのだろう
某超次元テニスの審判といい、アニメの審判はただ者じゃない。

オープニングバトルの応用で水をまき上げ、砂嵐相殺とバンギラスを濡らすことに成功
37-3.jpg
37-4.jpg
超次元テニスの話してたら、本当に超次元テニスし始めたでござる。
同時に10発のストーンエッジを打てないと、ピカチュウには勝てんぞ
と言わんばかりにアイアンテールでストーンエッジのラリーをし始める両者
jmsq17-1.jpg
日本一のテニスプレイヤーにはなれなくてもいい・・・でも、カロスリーグは優勝したいんや!
その思いを胸に、全弾撃ち返したピカチュウだが、着地隙を狙われてしまう。

着地狩りとか完全にスマブラです、本当にありがとうございます。

アイアンテールの暴れ、回避からのエレキボールがヒットしてバースト・・・
ではなくKOして勝利!種族値も相性もなんのその!これがサトシのピカチュウ

マニューラVSオンバーンはマニューラが有利に思える
オンバーンってドラゴンだよな・・・?氷ある時点できつそうだけど大丈夫か?
37-5.jpg
と思ったら善戦はしつつもKO
なぜか勝手に出てきたルチャブルがかたき討ち!

赤くなった体を見て、ビルドアップでも使ったのかと思いきや、技としての説明はなし
37-7.jpg
見た目的にはギア2、スマブラネタでいうところのホカホカ補正ってやつですね。
受けて受けて受けまくってからの反撃でKO!
お互いに弱点突きあってるある種の正しいバトルになってる気がします。
しかしそんなルチャブルもキリキザンの運ゲーハサミギロチンでKO
これ最悪キリキザンで全員落ちる可能性あるんだな。怖い怖い

飛行対決!ブレイブバード!ニトロチャージ!ゴッドバード!
37-8.jpg
困ったときの相打ち展開までは想定済み!疾走感あっていいけど、ちょっと雑に感じてしまう。

両者一歩も譲らない激しい攻防
37-9.jpg
それでもサトシの勝ちを信じ続ける一人の女の子
どれだけサトシが劣勢になっても、彼女が信じている限り、負けはない!
え?ウルップ戦一度負けたって?ショータ戦も?むしろアラン戦全部(ry

ピカチュウ再出撃!
37-10.jpg
いくらなんでもマッチングに恵まれなさ過ぎて可哀想なんだけど、有利だと秒殺しちゃうから、苦戦させるために仕方ないのかな。
そう思うくらい、相性の悪い600族に当たるんだけど(笑)
だいぶいろんな攻撃まともに受けたけど、サトシ並にタフなピカチュウはメタグロスにしがみつき、10万ボルトで我慢比べに見事勝利
さて、ついに出てきたリザードンをどう倒す?
37-11.jpg


綺麗な流れを予想するならば、
リザードンがピカチュウKO→
ヌメルゴン出陣→
リザードンキリキザンに交代→
ヌメルゴン勝利→
リザードンがヌメルゴンKO→
リザードンVSゲッコウガの大将対決
キリキザンの立ち位置が割と謎だけど、ヌメルゴンはここらで一発見せ場がありそうなので、キリキザン担当じゃないかなぁ

2016-07-31

ポケモンXY&Z 35話 「ライバル決戦!サトシゲッコウガVSメガジュカイン!!」 感想

DPのシンジ戦に次ぐのではないかと噂のカロスリーグ準決勝となりました。
と言っても、個人的にはシンジ戦はただの過剰演出にしか感じなかったので、そこまで評価高くないんですけどね。
戦い方は面白いけど、ゴウカザルのエピソード知らない視聴者としては置いてけぼりだったもんでね!

今回は少し前から見ていたおかげか、非常に楽しめました。
2話ではなく3話でやってほしいという意見もあったでしょうけど、テンポ良ければそれに越したことはありません。
強いて言うなら、ヌメルゴンやオンバーンが普通に技連打して相打ちしてるだけだったので消化試合感がぬぐえなかったのがちょっと残念なくらいかな。

ピカチュウは新技「木を投げつける」を取得しましたね。アイアンテールからの強力なコンボです。
ジュカイン戦の前座感はあったけど、進化前のピカチュウが2タテしてる事実は流石です。
20年連れ添った相棒だけあって、連携の質が違いますね。


木を切るのって楽しいよね。
35-1.jpg
体が剣ならなおの事本職でしょう。
どうやらこの森林伐採はピカチュウのスピードを抑えることが目的だったようです。

しかし、そこはサトシです。
切られた木を利用する戦術を閃くところまでショータも想定はしていたでしょう。
結果的になにをするかまではわからなかったとしても!

地面にアイアンテール!
35-2.jpg

木を投げつけろ!
35-3.jpg
見事なコンボでギルガルド撃破!ピカチュウってレベル上限突破してそうだよね。

そのままの流れでオンバーン、ヌメルゴンは相打ちで終了
35-4.jpg


ついに大将!ジュカインの登場でピカチュウで応戦するもハードプラントにて撃破
草ver破壊光線ですからね。一致補正も相まって高火力
でもリーフストームを十万ボルトで相殺するあたりは流石
35-5.jpg

ボールには戻らないのでサトシがお迎えにあがります
35-6.jpg

さぁさぁいよいよ登場ゲッコウガ
早速水手裏剣で牽制に入る!
35-7.jpg

フルパワーだ!
いつもの「もっともっと強く!いっくぞおおおお!」が聞きたかった
35-8.jpg

何気ないワンシーンだけど、ショータのメガストーンを構える姿が映えますね
ジュカインも同じポーズするし(笑)
35-9.jpg


一致+弱点ついたハードプラントを居合切りで切り刻む!
35-10.jpg
相性も威力も明らかにおかしいですが、アニメ補正の居合切りはやばい!
元々「木」や「草」を切る技と考えればある意味正しいのだろうか?

影分身をし、全てのゲッコウガの水手裏剣を合体させ、巨大な水手裏剣を投げる!
かつて、ここまで絶望した表情を見せたライバルがいただろうか?
35-12.jpg


彼らのようなトレーナーが育つには、20年近くの年月が必要なのです・・・
35-11.jpg


次はいよいよ決勝戦
アランのポケモンはまだリザードンとメタグロスしか判明していないが、どうなる・・・?

Copyright (C) 木陰の岩の眠り猫. All rights reserved. Template by Underground