2017-03-20

上映から少し経ってしまったけど、ドラえもん見てきました

最近は毎年ドラえもんの映画見てるので今年も見てきました
ほんとうは上映の始まった週には見たかったんだけどね!忙しくてそもそも情報が入ってこなかった
いい加減忙しいアピールうざいって?

事前に評価を見つつ行ってきましたが、イマイチな評価だった気がします
いつもと違う隣町の少し大きな映画館にいった+連休ということもありお客さんいっぱいでしたね~
ちびっこ達の「もう一回みたい!」という声も結構聞こえてきたので、ネットにレビューするような年代の方々にとっては少し物足りなさがあったかもしれませんが、ちびっこには楽しめたそうで
実際僕も、少しわかりにくい点や、論理的に説明しているように聞こえるけど根拠ない雑な説明があったりして「?」が浮かぶ場面はありました
総評だと3つ星かな
戦闘シーンはそれなりだったけど、前回の日本誕生が良リメイクで迫力あっただけに、比較すると少し落ちる感じですね
敵のボスにも絶望感がないというか、これに関しては難しいのですが
日本誕生ではギガゾンビが「犯罪者」という明確な敵描写があったからこそ、ドラえもん達の勝利を期待した手に汗握る展開でした。
今回の敵「ブリザーガ」は別に悪者ではありません。むしろ封印されていたのをカーラ達が解いてしまい、結果的にブリザーガに暴れる選択肢を与えてしまったと
強いて言うなら、途中の偽ドラえもんくらいですね。露骨に悪役なのは(笑)
彼を見ると64のドラえもん・のび太の街SOSに出てくる偽ドラえもんを思い出します

自分の中での評価が低いのは、前回に比較して、緊迫した中でも割とギャグ路線だったせいもあるかもしれません
タコに襲われている中、ジャイアン以外は全員が凶器と認識しているジャイアンの歌を利用して戦う場面がありましたが、戦闘中に突然歌うように頼まれたところで、「え?なんで?」ってなりますよね(笑)
スネ夫がおだててなんとか歌わせることに成功しましたが、さりげなく失礼な描写だったなと(笑)

秘密道具のレトロ感は大人世代狙いかな?って思ったり
あまり説明がなく、コエカタマリン、ヒラリマント(これは前作でも活躍)、ここほれワイヤー、さがし物ステッキとかね
ここほれワイヤーでのび太やドラえもんが地底人と間違われる回とかあったよね

オリキャラはここ最近やたらにショタ推しだったと思いきや今度は女の子ですね
既に名前を出してますが「カーラ」と名乗るオレンジの髪の女の子
てっきりあのリングから派生した剣で戦うと思いきや、あくまで封印するためのものなんですね
ユカタンをドラえもんが冬眠させた後の色が変わった説明があまりにも雑すぎたのが一番印象的だったかもしれません
寝てる間に青くなっちゃうのね・・・

冬眠を利用した天然タイムマシンのトリックは少しわかりづらかったかなぁ
要はあの場でドラえもんが何かすると、それが10万年後ののび太達の周りに即時反映されるのかな
最終的に偽ドラえもんもブリザーガも全員協力して倒すところはやっぱりドラえもんです
取り寄せバッグで水をかけるシーンなんか、よく考えられてるなぁって思う場面ですよね
露骨な「武器」を使うのではなく、あくまで日常的な便利アイテムを戦闘に応用するシーン、大好きです

見に行く時期が遅かったせいか、あまりグッズはありませんでした
いつも通り、パンフレットと下敷きやクリアファイルのような収納に困らないグッズだけいくつか買ってきましたが
ストラップとか事務用品あんまりなかったなぁ

まぁそんな感じで非常に楽しめました
来年は「航海」がテーマだそうで、ワンピースファンとしてはさらに辛口意見になるかも?

スポンサーサイト
2016-04-03

DVD買いそうだな 比較で感想も書きたい

何を血迷ったのか、劇場版ドラえもん「新・日本誕生」を2回見てきました。
同じ映画を劇場で2回見るのは何気に初めてかもしれない。

最近ではあまり触れてないイナズマイレブンのグリフォンとかイナダンはDVDあるので今でも自宅でよく見ますけどね。

実は少し前に旧・日本誕生を見ました。
だからこそ、改めて比較してみたいなと思って2回目の劇場に足を運んできました。
この時期にネタバレ配慮もないと思うんで、そのまま書いちゃいましょう。
約1か月前の感想はこちら

改めて見比べると、評価がはっきり分かれそうな点がいくつか
・戦闘シーンの演出
旧日本誕生は非常にあっさりとしている。よく言えばシンプル。悪く言えばあっさりしすぎ。
リメイクはド派手。ドラえもんの映画であそこまでの戦闘シーンを見られるとは正直思っていなくて驚いた。
VSツチダマ戦、VSギガゾンビ戦(リメイクは2ラウンド)
ここに関しては特に力が入ってた。
あとはオリジナルのドラえもん&ヒカリ族VSギガゾンビ&クラヤミ族の総力戦のシーン、メインキャラVSマンモスロボ
戦闘関連においてはすべてにおいてリメイクのほうが好きです。
ドラえもんにそういう場面は求めてないって人にとってはどういう評価になるかはわからない!

・敵の大物感
ただ、少し気になったのはギガゾンビの設定
23世紀から来て、世界を大昔から根本的に変えることで支配者になることを計画していた。
22世紀の道具が化石同然と言い放ち、ドラえもんの道具を手をかざすだけであっさりと分解していたあたり、過去に存在しているあらゆる物質に対し、その仕組み、材質を解析し、瞬時に分解出来るだけの能力(もしかしたら手の中に道具が?)を取得しているかと思われる。

つまり、その気になればククルの持っていた本物の石槍に対しても破壊効果が有効だったのではないかとも思う。
それでも有効打になったのは、演出の意味も当然あろだろうけど、ドラえもんが投げてくる時点で22世紀の機械であるだろうという思い込みor石槍を被弾した経験がないから、対機械の対策のみで応用が効くと思い込んでいた。
このあたりの理由がメインだろうか?

既に奴隷として言いなりに出来ているうえに、いざとなれば衝撃波やらの間接攻撃でいくらでも抑え込めるヒカリ族から石槍を投げて抵抗されるビジョンをそもそも見据えてなかっただろうから、こればっかりは仕方ないと思う。
ただ、念のため石槍や原始時代に使われていた凶器になりうるものに対しても分解能力が効くか検証程度はしておけばよかったんじゃないかとも思う。

もちろん、分解する際に自分の意思で解析が必要なら、とっさに機械の槍か石の槍かの判断が難しいのでまた別の話になるが・・・。

さらに極論を言うのであれば、ドラえもんサイドも24世紀とかさらに未来の何者かを連れてくる方法もあっただろうけど、そんなことをやっている時間はなかったんだろうな。

とまぁ、演出上の問題が大半な気がするけど、ギガゾンビの詰めが甘いなと思った場面がこんなところ。
TPが旧だと全員男だったんですね。しかもギガゾンビ戦の第2ラウンドは旧だとまったくなかった。
そう考えると、旧日本誕生においては、ギガゾンビはドラえもんやのび太達が挑んでどうこう出来るような相手ではない大物感はあったと思います。
逆に新はある意味でドラえもんらしい「友情」でのギガゾンビ圧倒を演出した点は高評価。
「たった一世紀の違いなんて仲間がいれば怖くないぞ!」
この一言が新日本誕生のテーマだと感じます。

2回見ても意見は変わらず、旧作と比べても良リメイクと言えます。
普段から超次元なスポーツ物とか戦闘アニメが好きなせいもあって尚更そういった評価になるのは否めないですけどね。

あと、旧に比べるとククルのショタっ気が協調されてますね(笑)
旧はもう少し逞しい感じなので、そこもだいぶ印象が違いました。

2016-03-05

映画ドラえもん 新のび太の日本誕生 感想

映画ドラえもん見てきたよ!

上映初日ってこともあって結構人いましたね~!
周りが家族連れの中、成人男性一人で突貫するのは今思えばなかなか勇気ある行為だったかもしれない。
もう、現場にいるときは抵抗ないから困ったものよね(笑)

さてさて、前作のスペースヒーローとは打って変わって今作はリメイクですね。
と言いつつ、旧日本誕生をあまり覚えていなかったのでかなり新鮮な気持ちで見ることが出来ました。
大抵リメイクは原作に比べると酷評されてる印象がありますが、今回はどうなのかな?
グッズのキャラデザだけ見れば、ああ・・・なんだかんだで新ドラだよな・・・。って感じるかも?
いい加減慣れろって話ですけどね!

ネタバレ回避のために追記&改行多めにしておきます。

続きを読む »

2015-03-12

映画ドラえもん「のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)」 感想

今年も見てきましたよ!劇場版ドラえもん!

平日の昼を狙った割には劇場には10人くらいいたかな。
貸切狙ったんだけど、流石に難しかった。

『ヒーローは、キミの中にいる。』
そんなキャッチコピーと共に、映画を撮りたがっていた彼らがひょんなことからとある惑星を救うほどの壮大な宇宙の英雄(スペースヒーロー)になる物語。

映画の内容が映画撮影という、一昔前に流行った風景を使うあたり、内容は子供向けだが、小さい頃に旧ドラえもんを楽しんだ世代が思わず反応してしまう作り方は流石ですね。

評価としては四つ星かな
最近のドラえもんの映画全般がそうなのだけど、終盤がちょっと急というか雑に感じてしまう場面がちらほら。
ただそれでも、王道展開は崩さないこだわりを感じる作品です。
王道展開を崩した結果面白かった秘密道具ミュージアムの成功を活かす作り方をしてほしい気もするが・・・。

内容についてはネタバレ回避のために、追記&改行多めにしておきます。

続きを読む »

2014-11-22

Fライフ3号 今回は収録漫画多め

買っちゃいましたよFライフ3号
Fライフ3号
これまでに比べ、いろんな書店で結構多めに扱ってると感じます
知名度上がってきて、購入者増えたのでしょうかね

今回は結構厚く、漫画が多めに収録されています。
特に注目はこれ!
Fライフ3号 ドラベース
むぎわらしんたろう先生による、江戸川ドラーズVSジャイアンズ!
時代を超えた2チームの激闘は、まさにドラえもんverの超次元ドリームマッチ!
ページ数自体はさほど多くないものの、ドラえもん本来のほのぼのさにドラベースの超次元っぷりがほどよく混ざってると思います(笑)
しかし、草野球とはいえ野球を本職にしているドラベース組と趣味の一貫としてやっているジャイアンズ組では勝負になるのか!?
そう思うファン相手に、真面目に勝負しているように見せて、実はうまい具合にギャグも挟んでるあたりはさすがですね
しかし、改めて思うと、「何年も同じことをしているから染み付いて~」っていう表現が好きですね
むぎわら先生自身、漫画に対する情熱が何年も練ってきたアイディアと何年も熟練してきた画力の賜物だと伝えたいのかなって感じます

と、ドラベースネタばっかりになってしまいましたが、2部完結した今、旧ドラベースのメンツでこの短編を書いてくれたのは非常に嬉しく思います
他にもいろいろ漫画ありますし、藤子F不二雄、ドラえもんが好きな人は買って損はないです

Copyright (C) 木陰の岩の眠り猫. All rights reserved. Template by Underground