2017-10-09

ポケットモンスターサン・ムーン 44話「サトシとほしぐも!不思議な出会い!!」 感想

ついに動く・・・!

これまでにサンムーンは序章に過ぎない。

スクールライフの日常回も
カスミとタケシを交えた懐かしい回も

ついに始まる、UBと守り神によるアローラ地方への脅威…!?

ルザミーネを初めとするエーテル財団のメンバー
まだ結婚してないらしいバーネット博士

そんな彼女らが何を中心に動く?
サトシに夢の中で問いかけた「ルナアーラ」と「ソルガレオ」
太陽と月は敵か味方か!?
サトシらを見守る守り神「カプ」達の動向にも目が離せない。

必死に「タイプ:ヌル」をなだめるグラジオ
造られたポケモンがどう動く?

台風の目になりそうなのは「ほしぐも」こと「コスモッグ」
アイキャッチであっさりネタバレした公式の鬼畜さよ
いや、それ以上にリーリエの母親候補に独身でネタにされてるライチを入れる方がよっぽどの残酷さあるな

OPの変化に伴い、「サトピカZ」への期待値も高まってまいりました。

帰る時間なら2時間30分遅くなっても何も言われないけど、朝行くのが2分30秒も遅かったら激怒される国!それがアローラ!
SM44-1.jpg
似たような国がどっかにあるって?知らない国ですね。

夢の中での口約束は流石に記憶があいまい、仕方ないね。
SM44-2.jpg
アローラ地方で最も輝いている女性に贈られる「アローラレディーアワード」

受賞者はバーネット博士
SM44-3.jpg
個人的にアニメのサンムーンはゲームより昔だと解釈しているので、ここでククイ博士が研究者仲間として認識していても、まだ結婚していないのは想定通り。
ただ、深い付き合いではあるのでしょうね。

親しみやすい研究者ってポイントですね。
その道の専門家から見ればすごい人も素人から見ればただの変人のパターンは非常に多い。
同レベルの優秀さなら最終的には人柄で選んでしまうのが感情論に頼る人間の良い所でも悪い所でもある。

彼女が研究しているのは「ウルトラホール」
ルザミーネに狙われそうな研究だと思いきや、既に協力していたようだ。
SM44-4.jpg
ゲーム既プレイな視聴者にとっては、カプ系VSUBは既視感がありますが、大昔にもあったようで。
そう思うと、守り神達とUBを同じ手持ちとして捕獲して戦える主人公ってすごいなって改めて思います。

ルザミーネの父も気になります。夫はあの方でしょうけど。
ビッケとザオボーも登場しましたね。
しかしザオボーはバーネットへの嫉妬から重箱の隅を突くような指摘を絞り出す。
するとそれを感情論であるとあっさり切り捨てるルザミーネ。
SM44-5.jpg
やはり代表の力は強い。

表面上だけでもいい顔しようとすらしないあたり、逆に好感持てるかもしれない。

関係ないけど、ルザミーネを見てこの人を思い出した。
SM44-6.jpg
アニメでは「委員長」こと「白金ルナ」by流星のロックマン

サトシがカプコケコに導かれて見つけたのはコスモッグ。
まるで赤ん坊のように眠っているコスモッグを見つけることが夢の中の約束だった。
SM44-7.jpg
ロトム図鑑にアローラのポケモン全員あるわけじゃないのね・・・。
ちょっと前にカントー図鑑完成させたほどだったよな?

ククイ博士とスクール仲間に報告
乗車率ならぬ「乗リュック率100%超え」
SM44-8.jpg
モクローもよく寝ていられるものだ。

ニックネームは「ほしぐも」か「パープルスイートコットンキャンディ」か
後者も見た目そのまんまでわかりやすいけど長すぎるので「ほしぐも」で行きましょう。

挙動も完全に赤ん坊でなんとか子守成功?

ほしぐもちゃんの主食「金平糖」
SM44-9.jpg
ただの砂糖の塊なんですがそれは・・・。

博士の家にリーリエと共に帰宅するとサトシ達に会いたがっている人がいる。
エーテル財団の面々&バーネット博士である。

リーリエの母であることがわかり、かなりの親ばかっぷりを発揮してくるルザミーネ
SM44-10.jpg
子離れ出来ていないというか、しばらく会っていなそうな雰囲気です。
いるんですよね、子供の成長が10年以上止まっているような感覚の親って。

このルザミーネを見て、まだUBやウルトラホールが研究どまりで存在していない世界かと思いましたが、グラジオが既にタイプ:ヌルを所持しているのが矛盾しているんですよね。

このルザミーネはまだ自分の意思で研究をしていて、途中でゲームのような出来事があってああなるのかな?
ところでルザミーネとグラジオのポケモンカードのSRください

自己紹介の時のBGMいいですね(笑)

ほしぐもを見て、ウルトラビーストとつぶやくルザミーネ。
かつての激しい戦いの歴史についての説明が入る。
この戦いが再発するのがゲームのサンムーンの世界。
そしてさらにその先が、ウルトラサンムーンの世界になるのか?

サトシが夢の中で伝説の2体に接触したのは「日輪の祭壇」
SM44-11.jpg
つまり軸はサンの世界なのかな?
ってことはコスモッグがソルガレオになって四天王周回はちょっときつくなるパターンですね。わかります。

リーリエとククイ博士がサトシの強さが折り紙付きであることを力説する。
20年選手でつい最近はカロスリーグ準優勝を決めた男だからな。

ほしぐもちゃんの参入により歴史が動く!?

スポンサーサイト
2017-09-22

ポケットモンスターサン・ムーン 43話「ジムバトル!Zワザ対メガシンカ!!」 感想

バトルには自信がある!
そう思ってた時期が彼にもありました。


サトシを勝たせるために仕方なく噛ませ犬になったようにも思えるカキでしたとさ。
タイプ不利だったのもあるけど、タケシは結構余裕あったみたいなので、カントーのジムリーダーとの実力差は歴然。
ゲーム基準だと、ジムに近い「キャプテン」をやっているため、同等に見えるけど、このカキはただのスクールの生徒ですからね。
その割にはZ技やスカル団相手にも怖気ず戦う強さを持っているので、彼らの中ではあたま一つ抜けているのは確かでしょう。

少なくとも、接待バトルされた他の面子に比べればね(笑)

バルーンは決まったけど、コダックにあっさりやられたマオとスイレンのアマイココとアシマリ
タケシのイシツブテは岩地面のカントーverなので、トゲデマルでは歯が立たず、シロンの粉雪もジャイロボールにはじかれる。

完全に前座でしたが、バトルの楽しさを知った彼ら彼女らがいずれキャプテンになると思うと感慨深いです。
ゲームの前の時間軸かどうかはわからないけどね!

カントーにはメガシンカが普及しているようで、まさかのメガハガネールとメガギャラドスの登場
ちなみに二人のメガシンカモーションは初代ポケモンの立ち絵と同じです。
他サイト様から画像拝借
強く、雄々しく、美しく、私の蒼いスイートハート!
SM43-1.jpg
SM43-2.jpg

俺は、強くてかたい石の男、行くぞ!メガシンカ
SM43-3.jpg
SM43-4.jpg

カスミのスターミーに苦しめられたプレイヤーはいざ知らず・・・。
ギャラドス苦手は過去に克服してるらしいですね。知らんかった。

雨ごい+暴風となかなかガチ対戦思考なカスミですが、それ以上の電気を足場に暴風を登るサトシとピカチュウがめちゃくちゃすぎる!
電気って乗れるんですねぇ(笑)

メガシンカVSZ技を五分五分にするためにカキの敗北だったのでしょうね。
流石に20年もポケモントレーナーやってるだけあってサトシの機転は流石です。


次回ついに来るか・・・?某財団の団員の影が!

2017-09-14

ポケットモンスターサン・ムーン 42話「カントーでアローラ!タケシとカスミ!!」 感想

懐古厨大歓喜回

ゲームとはちょっと違うタイミングでカントーに向かったリーリエだったとさ
リージョンホームとカントーの姿の違い、そして懐かしいトレーナー、ポケモン達が登場しましたね

ただ、絵がサンムーンタッチになっていたのがちょっと残念かな・・・。

ちなみにOPの「あの子のスカートの中~(キャー)」の合いの手は今回初めて?
初代の目指せポケモンマスターには常にあったんですよね
「そりゃそうじゃ」もそうだったかな

飛行機が苦手なカキ、乗り物酔いのシロンと軽いハプニングはあったものの、なんとか到着。
真っ先にタケシと絡んだのはリーリエでしたね。
SM42-1.jpg
SM42-2.jpg

世界の美少女カスミも安定です。
スターミー使ったバトルが早く見たい!
SM42-3.jpg
オーキドのシンクロ率!まさに彩斗と熱斗!(ロックマンエグゼ参照
SM42-4.jpg

カントー回なのにキレイハナが普通に写っているのはおかしいと思います。
SM42-5.jpg

ポケカではそれなりにヘイトの高いラフレシア、こっちでも高かった!
SM42-6.jpg
なんとなく親子感の出ているシロンとキュウコン。
進化前なのはわかるのかな。色は違うけど。
SM42-7.jpg

水場のポケモンと戯れる女子二人。
SM42-8.jpg
お前ら水着披露したいだけだろ。

R団久々に本当の口上おめでとうございます!

しかしキテルグマはすごすぎた。
SM42-11.jpg

プリンに眠らされる落ちももはや懐かしい。
SM42-12.jpg
ロトム図鑑はいつの間にかミュウ以外コンプしたらしいですね。
ひとりでにそれをやる図鑑とか恐ろしい


いよいよ次はハナダジム戦
結局ジム戦もやってしまうサンムーンだったとさ。


2017-09-07

ポケットモンスターサン・ムーン 41話「ダッシュ!デンヂムシ!」 感想

実に熱い「ミニ四駆回」でしたね。

世代的にはちょっとずれてるかドンピシャかの微妙なネタでしたが、流石に小さい頃見た作品を鮮明には覚えていないので、いろいろい調べつつ見てました。

サトシが走り、カキがメンテ、マーマネが総指揮の立ち回りはそれぞれ適材適所だったようです。

男ってメカとか好きよねー。
SM41-1.jpg
もうこのまま脱いでしまいそうな描写でしたが、シロンに凍らされて男どもの負け。残念。
SM41-2.jpg
マオの表情エロいわ・・・これはずるい

そもそもデンジムシ自体が走るのに向いてないポケモンである以上、レースが成り立つのかどうか?
とにかく特訓あるのみ!
SM41-3.jpg

赤い流星は何のネタでしょうね
臆病最速!このレースのために厳選お疲れ様でした。
SM41-4.jpg

お前らのビジュアル、完全に爆走兄弟意識してるよな?
SM41-5.jpg
やはり彼らはポケモン捕獲の技術以外に関しては本当に高い。
メカに特化してるマーマネといい勝負するレベルの技術力だから勿体ない。
爆走兄弟については「レッツ&ゴー」とか調べるとわかると思います。
昔コロコロでちょこっと読んだ記憶があるな。

マサラ人なら体張ってもだいじょーぶ!
SM41-6.jpg
サトシを発射台に使い崖を登る
他のレーサーも真似するが、肉抜きしすぎたデンジムシは脱落。
ミニ四駆の改造は小さい頃よくやったけど、この年になるとまた興味が出てきますね。
ちょくちょく行くカード屋の近くにコース置いてある店あったし、出向いてみようかしら。

手になじむ!ミルクのフタと同じ大きさだ!
SM41-7.jpg

前輪と後輪の大きさ違いますけどスルーっすかカキさん
SM41-8.jpg

防塵ゴーグルで砂漠地帯もなんのその!
マーマネは過去のコースを研究して準備してたのかな?
SM41-9.jpg

アイスバーン&他チームのデンジムシにぶつかってマサラ人機能停止!機能停止!
SM41-10.jpg
マサラ人じゃなかったらどうなってたかと考えるだけで恐ろしい。死人が出たら来年から開催されなくなっちゃうよ。

お前はペンギンボブスレーか
SM41-11.jpg
スーパーマリオ64で雪山のステージのスライダーあるじゃない?アレのペンギンがこんな滑り方しなかったっけ?

デンジムシの糸で滑り止め!妨害ではないからセーフらしい。
SM41-12.jpg
ちなみにこれ、「ダッシュ四駆郎」ネタらしいけど、名前しか知らなかった(笑)

この顔とかもろに意識したネタだよね
SM41-13.jpg

完全にミニ四駆ネタ、公式が言えるギリギリの臆病最速発言といい、ふざけている回
でも、こういう熱い回に弱いファンが多いのもまた事実(笑)

そしていよいよ、初代のジムリーダーであり、サトシと共に旅をした彼ら、彼女らが登場か!?

2017-09-03

ポケットモンスターサン・ムーン 40話「アシマリ、オシャマリ、いかりのダダリン!」 感想

タイトルにポケモンの名前が3匹入るのって結構珍しい?
全く調べずに書いてるので、よくあるよ!って人はそのタイトル教えてください。

「うおのたみ」と聞いて某youtuberグループのファンの通称を思い浮かべてしまった。
底辺動画投稿者として、あの界隈でいろいろ問題起こってるのもちょくちょく目にしますね(笑)
底辺は底辺らしく気にせず、大人しくゲームのプレイ動画とDIY動画造っときましょう。

トレジャーハンター(ヒモ)の物語

男としてはある種憧れる生き方の一種といえるかもしれない。
周りからの評価は悪いが、「ある種」のね!

Z技の使い手は案外そこらへんにいるのかもしれない
SM40-1.jpg
彼女らが実際に島めぐりをしたのかどうかは定かじゃないが、少なくともZクリスタルを入手する実力とZリングを使いこなす実力があるのは事実なのだろう

今回使ったのは水Zのようだが、アシマリ、オシャマリの進化形、アシレーヌには専用のZ技が存在する。
また、この「アシレーヌZ」がポケモンの動画投稿者にとっては最大の敵である。
噂では動画投稿者に編集の負担をかけるためだけにアシレーヌを採用しているプレイヤーもいるらしい。


なんかすごいパフォーマンス見てとりあえずびっくりしたサトシとマオ。
SM40-2.jpg
バトルというよりはコンテスト寄りな技の使い方なせいか、サトシも興味はあるがその後の特訓では退屈だった様子。

彼女に養われているトレジャーハンター。
SM40-3.jpg
スイレンから冷ややかな目で見られるが二人が納得しているなら問題ないだろう。
夢を追うフリーターとやってることは似たようなもんですね。

たのもー!
SM40-4.jpg
弟子入りしたスイレンだが苦戦中。
元々怒りモードに入ってない時はあまりバトルしているイメージもない。
どちらかといえば釣り人ってイメージね。

R団の乗り物作る技術はワンピースのフランキーに迫るものがあると思うんだ。
SM40-5.jpg
しかもこいつらプロの船大工じゃなくて、ポケモン強奪集団の下っ端なんだよな?
20年間ピカチュウ確保を失敗し続けているのにサカキに見放されない理由はこういうところにある気がする(笑)

シロデスナの時みたいな感じでタダリンとのバトル。
SM40-6.jpg
悪いわけじゃないがこのままやられるわけにもいかず、逆回転の渦をぶつけるべく水Z発動!

完全に水中ベイブレード
SM40-7.jpg
ベイブレードとかミニ四駆って定期的にブーム来るよね。
小さい頃よく遊んだ玩具です。たまに作りたくなります。

近いうちアニポケにタケシやカスミが出てくるそうでそっちも期待ですね。
ただ、ゲームとは違ったifの世界に踏み込むのなら、財団編やらない可能性がありそうでちょっと複雑。
アニメは完全にシリアス展開を切り取るつもりで行くのかな。

Copyright (C) 木陰の岩の眠り猫. All rights reserved. Template by Underground