2013-08-31

とある科学の超電磁砲s 20話 「フェブリ」 感想

いい加減幼女推しは(ry

とつっこみたくて仕方なかったが、これだけ全面に押し出してくるキャラだ
今作のラスボスに当たるであろう研究者集団にも狙われるだけの何か重要な秘密があるのだろう

そんなわけで、ついにタイトルまで幼女に牛耳られてしまった20話の感想と行こうか

銭湯のラフな格好の寮監や気合に入った掛け声とともに登場する婚后のシーンなんかは結構良かった
今まで影くらいしか出てこなかった布束もついに顔が全面に・・・!?彼女もきっと何か鍵を握っているのだろう

御坂はなんだかんだで自分がレベル5だという過信があるのだと思う
まぁ7人しかいない上に3位だし自信持っててくれないと困る気もするが(笑)
1位と2位は次元が違うからね、仕方ないね

そして「なにもしてない、いや、なにもできない」とまで言ったカエル顔の医者
なにも出来ないはずなのにフェブリが元気になったというあたり、原因くらいは突き止めたのだろう
そう、最後に意味ありげに映された大量のアメが入ったポーチ・・・あれはもしや・・・?

ゲコ太交渉まだまだピンクゲコ太が諦められない様子
他の色のゲコ太を交換しようと交渉し始めるが・・・?

ピンクにこだわるあくまでピンクゲコ太にこだわるフェブリ
レア度をわかっているのか?それともピンク色が好きなのか?(桃色って言うべきか
どちらにせよ強敵だ

婚后sそこに通りかかる婚后トリオ
湾内と泡付が婚后が喜ぶのを微笑ましそうに見ているが・・・
この二人って立場的には婚后の後輩?でしたよね(笑)
メンタル的には子供っぽい先輩ってのもわるくないね(どちらかというと大人っぽい後輩なのかな)
お茶でもしようと思うが婚后にはまだ手伝いがあるのでここにて解散


両手ふさがるアイスを食べようとするものの、アメとゲコ太で両手がふさがっているフェブリ
チャンスと言わんばかりにゲコ太を預かろうとする策士御坂美琴
だが、佐天の手という第3の手の使用に成功!
御坂より1枚上手だったようだ


固法と合流お次は固法と合流し銭湯へ
全員女だが一人とんでもない変態がいる・・・御坂は警戒してるのだろうか


寮官すると寮監に遭遇!
特に悪いことしているわけではないものの、ちょっと焦り、黒子は何やら・・・?


サービスショット本日のサービスショット
あ、僕は年下の女の子にはあまり興味ないので
このシーン見ると一瞬佐天と初春がわからなくなる
初春の本体隠れてるんだもん(マテ
メガネ外した固法がやたら可愛く見えるシーンでもあった
フェブリの頭洗ってる御坂を見て楽しんでるようす

まるで妹「まるで妹みたいね」
この一言に多くの視聴者、殺されずに残った妹達、そして打ち止めが反応したことだろう
そう、妹が既に1万体ほどいるんだよこの子・・・
ゲコ太を取られてしまったのは残念だが、ゲコ太ファンのいい仲間が出来たのではないだろうか


こき使われる黒子あ…ありのまま 今 起こった事を話しますの・・・!
「黒子は銭湯にお姉さまと疲れを癒しにきたと思ったら、いつの間にか寮監のマッサージをしていました」
な、何を言っているのかわからないと思いますが、黒子も何をされたのかわかりませんの・・・

手がどうにかなりそうでした・・・

能力のレベルだとか寮の規則だとかそんなチャチなもんじゃあ 断じてありませんの

もっと恐ろしいものの片鱗を味わいましたの・・・

※中の人は元ネタになった漫画については一切知りません

背中でねるフェブリすっかり佐天の背中が特等席になってしまったフェブリ
あと数日で一旦お別れをしなければいけない
そんな寂しさ半分での帰り道・・・なにやら通行止めの道ばかり
???「ここから先は一歩通行だ!!」


御坂VSロボット気がつくと人気がない通行止めの道に入ってしまい・・・
謎のロボット襲撃!!
だが相手が悪い!機械な以上レベルファイブの電撃使いに勝てるはずは・・・?
と思ったが何やら効き目が薄く手こずってるようす

止まった?戦闘中にゲコ太を落としてしまい拾いに行くフェブリをなんとか庇おうとするが
急にロボが止まり
「どっせーい!!」

婚后光子気合十分な掛け声と共にロボットを吹っ飛ばした我らがレベル4エアロハンド「婚后光子」
友達を助ける時の彼女は本気です
その気になればトラック吹っ飛ばしてヘリ迎撃する人ですからね

熱にうなされるフェブリしかし次に別の問題
フェブリが熱を出しすぐにでも病院に向かわないとまずい・・・!?

じゃんじゃん当然この現場にはアンチスキルが出向く
おなじみじゃんの人に任せてフェブリを助けないと!
しかしこのケースに入った髪の毛のようなものは一体?

心配する一同とりあえず病院には間に合った
一同が心配し、婚后は取り巻き二人に連絡を入れるのをすっかり忘れてた様子
ようやくここで「フェブリ」の核心に迫り出す
前に婚后に突っかかって来た謎のメガネ男が電話でフェブリの話をしていたと
そういう話は電話じゃなくて直接会ったときに小声で話すべきだと・・・思うんだ
しかも後ろにいるのに気づかなかったんか


祈る美琴どうやらこの病院では手の施しようがない
苦しそうなフェブリにゲコ太を握ら意識を確認すると手を握り締める御坂

待合室でねるフェブリが心配で病院で寝てしまう4人
黒子が御坂に寄り添ってるところなんか細かい演出でいいですね
銭湯では全く近づけませんでしたからね(笑)

元気になったフェブリ死んだ人間以外ならどうにでも出来ることでおなじみなカエル顔の医者に見せ一命を取り留めた
しかし彼はなにもしていない?いや、出来なかった?
そう言いつつも治ったあたり原因はわかってるようだ

妙にクローズアップされたアメの入ってるポーチ
さらに彼女は人間ではなかった
つまり「人外ロリ」ってやつか
さっきの病院では人間でないことにさえ気づく医者がいなかったというのに・・・


フェブリが・・・そして布束達の研究が
この先何を引き起こす・・・!?

スポンサーサイト
Copyright (C) 木陰の岩の眠り猫. All rights reserved. Template by Underground