2013-11-30

イナズマイレブンgoギャラクシー 28話 「灼熱の惑星ガードン!」 感想

え?ガーゴン?(難聴)
ガーゴン



ではなく、ガードン
松岡修三もびっくりの暑そうな星です
一体何メラメラくらいでしょうねぇ(ぁ

アースイレブンと戦うチームのほとんどが、地元民と紫天王でギスギスしていてここまでわりとあっさり来てしまったグランドセレスタ・ギャラクシー
アースイレブンは不安要素だった瞬木の心の内さえも良い方向へ流れていき、ソウルの覚醒者もちょっとずつ増えてきてまさに今ノってきてるところだろう
しかし、もしかしたら地球を守るためのサッカー大会と宇宙を救うためのカケラ集めを天秤にかけなくてはならないかもしれない…
試合回ではないものの、宇宙を救うための手段の確信に少しずつ迫ってきた28話
相変わらずポトムリに姿を明かさず天馬に姿を明かすのは、天馬にしかない力を求めてるのか、単に見た目変わってて気づかないのか
それはカトラ姫のみぞ知る(ドン!

今回の主な点
・翼を捨てて腕を得た民と翼を持つ民
・ファラムオービエスの影、本当の貧富の差
・新たなる紫天王
・新しい希望のカケラ赤い石
・サッカー一時休止で冒険回

いい加減超次元サッカーに毒されすぎて、上着や石使って戦ってるシーンを見るとなぜサッカーボールを使わない?と思ってしまうのをどうにかしたいところ

いざ降りると、とにかく暑い
どこからか持ってきたうちわで仰いでも熱い空気が来るだけ…
うちわ
真名部のメガネが曇る現象本当にわかるわ…
メガネが曇る
駅まで歩いてるとさ、冷たい空気がメガネに付くから電車に乗って暖房効いてると一気にメガネが真っ白になりますよね(笑)
電車じゃなくても同じ状況はあるけど!

再び星の説明をしにくるガイド・イシガシ
君もアースイレブンの移動速度についてくるから大したものだ

そしてこの星の特徴の一つとして二つの体のつくりがある
翼のあるものとないもの
翼のあるもの
翼のないもの
一見、空を飛べる方が進化したのかと思いきやその逆
あえて翼を捨て、腕を作り、様々な物を作る技術を身につけた翼のない者こそが究極の進化だと言う

翼を持つものVS機械の腕を持つもので抗争が繰り広げられてるのがこの惑星ガードン
でも最初の機械の腕作った人何者なんだ?元は翼だろ…?

瞬木「喧嘩して、勝手に自滅してくれたら言うことなしだけどな」
同じ惑星内での喧嘩という点なら、地球も幾度となくやっていますけどね

そんな天馬達を監視する敵チームの一員
アルベガ・ゴードン
アルベガ

彼らのステータスに対する評価は「まぁまぁ」
どうやら腕あればソウルすら使わない気らしいですね
サッカーで勝つための力に「この腕がある」と…
なぁ、ハンドって知ってるか?
どんなに相手を蹴ったりボールぶつけて半殺しにしてもファールが取られないイナズマ界でも意外とハンドには厳しいんだぜ…?
ガニメデプロトン「せやな」

別場面ではララヤと剣城
約束通り1日でこの星のTCGを制覇してきた模様(マテ
だが、今のララヤに見えてない部分があった
もしかするとララヤも内心気づいてたのではなかろうか?

鉄角(DF)「俺はもっと強くなってみせる!(シュートしながら」

そこへ現れるガードンの代表アルベガ
究極の進化を遂げ、アースイレブンに宣戦布告するのは見事


剣城はララヤを連れ、自分の見た景色を見せる
変装ララヤ
そこらにいるおばちゃんっぽいね

そこにあった光景…それは
実は日陰に隠れた街に上級貴族に全てを奪われた貧民もいる
貧民
誰も笑っていない、貧富の差が非常に激しい星だった
てっきりこの前のおばあさんとララヤがグルで表面上だけ女王してるのかと思ったが
どうやらララヤは本当に知らなかった様子
しかしそれでも、剣城を王にしてもっと良くして欲しいと考えてた以上、不安要素はあったのだと思う
ただただ涙を浮かべるララヤ姫
彼女がこの星をどう動かすのか?

そしてさらに来た紫天王
これで3人目ですかね
ロダン・ガスグス
ロダン
呼びづらい名前だなぁ

1:3の勝負を仕掛け、ソウルの圧倒的な力でゴールを決める
ロダンのソウル
まるでバーンみたいなキャラですね
炎使うあたりもそれっぽい

再び登場するカトラ
天馬だけ姿見せる
ボールを取りに行った建物の影を狙ってるあたり、他の皆には会いたくないのか?
東の山に行き、赤い石の情報を探って欲しいと提案
だが、今は試合前

大半が反対する中、神童と井吹が迷わずに天馬と付き添う
これを見て他メンバーもどんどん参加
ジャンケンでチーム分け
信助チーム
天馬チーム
神童チーム
彼らを監視している敵チームを操作しているのはやはりあのおばあさんか

場面は代わり天馬サイド
鉄角「早くソウル出したい」

瞬木「そんなこと考えてたのか(笑)」

鉄角「悪いか?(威圧」

瞬木「別に…」

鉄角のやる気は瞬木のダークサイドをも凌駕する
しかし瞬木のメッシュはもう固定なのか

鉄角はサッカーが楽しくて仕方ないらしい
宇宙チャンプになるのがかれの今の目標

ここぞとばかりに一芸を披露する座名九郎
座名九郎の一芸
お前も歌舞伎役者だしな

そんな中、冷静に道に目印をつける真名部
だが、その地形も自由自在だった
なるほど、確かに「腕」でこの地形作ったのなら試合前に地形操作して皆殺しにできれば実質勝ちか
「腕」を使う用途がサッカーの試合と考えているイナイレファンには思いつかない使い方ですね

信助サイドはしりとりで偽剣城がボロを出してるような…?
銀河の辺境にある惑星の名前を当たり前のように口走るが誰も気に止めない(笑)
九坂と野咲のしりとりの強さが尋常じゃねぇ
いざというとき信助守ってるのは剣城のプログラムが入ってるからなのか?

神童サイドは井吹が活躍してるね!
機械の鳥に襲われるも、井吹が引きつけ打開する
井吹と神童
神童の援護もあって一安心と思いきや…?

サッカーボールさえあれば有利そうなんだけどね(ぁ
なんかこう、サッカーボールが射出するベルトとか作ったらいいんじゃないかな?
頭脳は大人、見た目は子供の名探偵みたいにさ…!


スポンサーサイト
Copyright (C) 木陰の岩の眠り猫. All rights reserved. Template by Underground