FC2ブログ
2018-04-09

イナズマイレブン アレスの天秤 1,2話 感想

今の忙しさでどこまで気力が持つかはわからないけど、書けるときは書いていこう。
このブログが全盛期を迎えてたのはこの作品の流行と共にあったと言っても過言ではないのでね

既にだいぶ出遅れてますが、どっちみち昔ほどの質では書けません。
メンタル面の余裕は全くありません。

ちなみにアウターコードはほとんど見れてません!

1話「明日への船出」
2話「フィールドの悪魔」

トリプル主人公ですが、やはり「稲森 明日人(いなもり あすと)」が一番主人公らしさを持っている主人公でしょう。
そして今作の注意するべき点として、イナズマイレブンとイナズマイレブン2の間(厳密に言えばエイリアが来なかったイナズマイレブン2)のifの世界なので、無印シリーズのキャラはそのまま中学時代の姿、GOシリーズのキャラに至っては出ないでしょう。
公式のさじ加減ではわかりませんけどね!

小さな島の小さな学校のサッカー部で、競技というよりは遊びのサッカーをしていると思われる明日人達「伊那国イレブン」

どのくらい田舎の島なのかわからないが、一つの中学校でサッカーが出来る人数が揃ってるのはやはり「サッカー」が全てのイナイレ界ならではのご都合主義といえるでしょう。

しかし、「サッカーが力を持ちすぎてしまった」
完全に入り方がイナズマイレブンgoですね。
冬海が円堂世代と同じ年のはずなんだけどなんとなく老けて感じるのは、goでも同じポジションにいたせいだろう。

スポンサーとかFF(フットボールフロンティア)とか騒いでたら、体格は丸い癖に性格の尖った男が登場。
アレス1-3
どうやら今の時代、FFは出るのも大変らしいけど、単純にスポーツにおける全国大会と考えれば普通に納得できる設定ですね。

そりゃ、地区大会、県大会、関東大会と経ていかないと全国には行けないのでね。

だめだこいつら、既に必殺技厨\(^o^)/
アレス1-5
「ファイアーレモネード」はゲームでオリジナル技として実装されるのを楽しみに待っています。
ファイアーなのに辛みより酸味が強そうな技ですね。

各々の家族に島を出て東京でサッカーを続ける意思を伝える。
中学生の彼らにとって、親元離れて暮らすのは大きな勇気と覚悟がいります。
立場によっては、家族を取るか、サッカーを取るかの択を迫られる場面でもあります。

そんな中、特に決断を迫られてるのは明日人
母親の死を乗り越え…・サッカーを追いかける選択を取った。
アレス1-2
ここから始まる、半人前の田舎者がサッカーを取り戻すための戦い。

その第一歩は全国ランク1位の「星章学園」
勝てる希望は限りなく薄い。

しかしそれでも一筋のチャンスを掴まない限り、サッカーを失ってしまう。
大谷さんがマネージャーなんですね。他のマネージャーはなにしてるのやら

あっという間に試合当日!?どうやら練習シーンの回想は後で入れるみたいですね。
どうでもいいけど「氷浦 貴利名(ひうら きりな)」は絶対人気出すために作ったキャラですね。

VIP席と思われる部屋にはいかにもモブな子らが田舎者を馬鹿にしているが、「神門 杏奈(みかど あんな)」は何か思う者がある様子

「お前が必要とする限り、サッカーはそこにある」

しかし雷門の監督は悪役オーラ全開ですね。
ちょっとダークヒーローっぽさあるの好きよ。影山とはまた違う感じで。

「光」を見つけた「灰崎 凌兵(はいざき りょうへい)」はどう見ても「闇」に取りつかれてるようにしか見えません。
アレス1-4
キチガイと天才は紙一重ですからね。こういった狂ったキャラも必要です。

そしてもう一人の主人公「野坂 悠馬(のさか ゆうま)」も観戦中

帝国といえば・・・ではなく星章学園だが技は「デスゾーン」
アレス1-6
しかしさすがは全国トップ
必殺技以外の部分でも速い!強い!

そんなフィールドの悪魔率いる彼らを倒すために、雷門イレブンも何もしてなかったわけではない。

フィールドの悪魔に魅入られたら、チームが再起不能になるまで潰される。
彼が出場する確率は3試合に1度
むしろ円堂や天馬なら出てきた方が運がいいと解釈する場面ですね。

「勝って世界をひっくり返す!」
アレス1-1
そのための特訓は・・・?
回数だけが無駄に多い気がするランニングとかゴミ拾いの体力づくり!
サッカーを続けるために必要な物は?

「負けないこと」
当たり前すぎるけど、この当たり前が大事

まだ木枯らし荘が新築だったか・・・。
ヨネさんも心なしか若く感じます。

場面は試合に戻り、灰崎がこの試合に出た理由が判明。
どうやら鬼道の助言により興味を持ったらしい。
「お前は探している、自分を闇から救ってくれる何かを」
既に監督みたいなポジションですねドレッドヘアーさん
新技「オーバーヘッドペンギン」
アレス1-7
技は完全に帝国だな

監督は久遠だが、灰崎は完全にため口なのね

試合には残念ながら負けた。気分転換に観光をする明日人達だが?
展望台で大泣きする雷門イレブンに、都合よくその場でスポンサーが登場。

「試合に負けても、気持ちで負けていなかった」
試合に負けて勝負に勝ったんですね。
監督の言った言葉は「試合に勝つため」ではなく「サッカーを続けるため」に必要なものだった。

いやぁ、楽しくなってきました。
あまりの多忙さにアレスの天秤の感想は書かないと決めていて、実はブログ仲間にも書かない宣言をしていたのですが、見てたらやっぱりこうなっちゃうね!

昔ほどのクオリティは難しいだろうけど、どうにか時間作って頑張っていこうと思います。

ゲームが発売したら、主人公3人をそのまま3TOPとして起用する人は多そうです。
ちなみに、ここで宣言するのもあれですが、今週中に「イナギャラの動画」を一本上げる予定なのでお楽しみに!

スポンサーサイト

コメント

お久し振りです。
ついに始まりましたねアレスの天秤。
初試合でフルボッコにされるのは最早、形式美的な感じがしますねw
スゴく懐かしかったです。ゲームの発売も楽しみですね!(switch買えてませんがw)

Re: タイトルなし

>ちばすけさん コメありがとうございます

お久しぶりです。
ルートが変われば自称宇宙人相手に同じ事されるわけですからね。
今回は4種のハードで同時発売ということで、一体どんな挑戦をするつもりなのか期待大ですね。
switchの供給もだいぶ安定してきたので、そうなると金銭的な問題かな?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://xystone.blog.fc2.com/tb.php/1504-3c6204ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 木陰の岩の眠り猫. All rights reserved. Template by Underground