FC2ブログ
2018-04-29

イナズマイレブン アレスの天秤 4話 感想

動画出来たんで埋め込んでおきます



オーバーライドは新システムだろうか?やけに連呼されていたのが気になった。

『落とせるか!難攻不落の要塞』 感想

コロコロで予習済みだったせいもあって必殺技は知ってたけど、一つだけ出ていない技がありますね。
どんな技か気になるあなたは5月号のコロコロコミック購入しましょう!

監督の作戦「とにかく守る」
そりゃお互いが守りしかしなければどっちかが痺れ切らして攻撃しない限り、0-0で終わる試合になります。
壁山はこの試合をどこまで読んでいたかはわかりませんが、ただの壁マニアって感じの反応でした。
とにかく相手チーム「美濃道山中」の監督がただの無能監督にされてしまった回といっても過言ではない。
どっちかを立てればどっちかが落とされるのは仕方ありません。

とにかく「守りオンリー(はぁと」な展開をしてくるお互いの作戦の中では、カウンターのタイミングを掴めた方が勝つ。

もはや大谷、神門共に監督にはドン引き
アレス4-3

下手したら事案ですよ。
めんどうなことは適当なテンションで相手しとこ~☆ミな感じが露骨に出ている大谷さんは大物だ
アレス4-4


ここで相手チームの技をみていこう
「フランケン「守」タイン」
アレス4-1
漢字を混ぜてくるのは今までになかったような?
ポケモンのZ技もウルトラサンムーンで漢字に対応したし、元祖テロップ系必殺技アニメとしてはここはゲームでも再現して欲しい

「もっこり丘のモアイ」
アレス4-2
「もっこり丘」がもしかして実在する地名にあったりするんじゃないかと思って念のため調べたけど、案の定この技と明らかにエロ系のサイトしかヒットしませんでした。
思春期の学生諸君が検索ワードを親御さんに見られても言い訳が出来るように配慮して開発された技なのでしょう

中途半端に攻めようとした結果、FW陣の体力が怪しい。
アレス4-8
海原がかなり体力高そうですが、彼女の実家は海女さんだと思えば肺活量が大きい。そういう意味なのかな?

「反対を見る」
外野から既に気づいてる戦術の皇帝様、そして小僧丸も作戦に気づいた模様。


ザ・ウォールの殺傷能力高すぎない?
アレス4-7
壁っていうよりプレスじゃねーか!

完全に殺しにかかったのは、掃除しても掃除しても上書きしてくるあの人形に対し、知らず知らずのうちに溜まっていたストレスから来ているのではないでしょうか?
精神的な病気とかって自分でも気づかないところでヘイト溜めてて爆発したりしますから。

オーバーライド「レンサ・ザ・ウォール」
アレス4-6
その昔コロコロコミックで連載されていた「ひでまる」をご存じの方はいるかな?
犬みたいな感じの動物が主人公で、GKと二人でサッカーはじめていくような漫画でした。
その中に出てくる防御力の高いチームの技に「8(エイト)ウェーブ」というものがありました。
これはDF4人で壁を作る「4(フォー)バック」という布陣を作り、片方の4バックで相手を止めている隙にもう一方の4バックをその後ろに準備して無限に4バックを続ける防御戦術。
彼らは4人がかりの技だったけど、これを8人で出来て隙間を埋めることが出来たら、雷門に勝てる可能性はグッと上がっていたので、精進して欲しいものです。

カウンターでのファイアートルネードは綺麗に決まり、ようやく彼の出番
「氷の矢」
アレス4-5
ゼルダ(時のオカリナ)ですら炎の矢と光の矢は謎解きに必須な場面があったけど、氷の矢はあえて凍らせる必要があったギミックがないことで有名です。
イナイレ界でもやはり、「凍らせる意味」を感じる技ではありませんね。
むしろ受け取るFWが冷たい分トラップしづらくなることを考えたらデメリットではないでしょうか?

しかし、イケメンに氷はよく映える

それだけの理由で起用されたといっても納得できるから氷はずるい

剛陣先輩のファイヤーレモネードあっさり止められたのに後輩が普通のシュート決めてさーせん
アレス4-9
初戦噛ませ犬FWと主人公補正全開のFWではこの差よ。
そもそもファイアートルネードの一度高空に飛び出すモーションすら会得していない時点で遠心力でボールを蹴る概念を無視しているわけです。打てるわけがありません。
だからといって毎回ギャグ担当になるのも可哀想なので、次当たりに一発必殺技欲しいですね。
でもこのままだと残念ながら明日人のほうが先に必殺技会得するんだよなぁ・・・。

そんな4話感想でした。
趙金雲にはまだまだ謎が多いらしい。しかしそんな彼の謎、そしてゲームばっかりやっているのもどうシナリオに絡めてくるか?
伏線なんて全く期待していないので、後付けでもいいから「あっ!なるほど」といえるような展開を期待します。

少し気になるのはT主人公構成ということなので、灰崎や野坂が主体の話が始まると明日人は全くでない回も出てくるのかな
別場面を全部映そうとしてグダグダになってテンポ悪くなるのは某海賊アニメでよくわかっているので、そこらへんのバランスが今後の課題でもあるかもしれませんね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://xystone.blog.fc2.com/tb.php/1514-7b252632
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 木陰の岩の眠り猫. All rights reserved. Template by Underground