FC2ブログ
2018-07-14

ifの世界というわけでもなかった「みんなの物語」 感想

オカリナの音色とルギアの存在だけでしたね。

特に「ルギア爆誕」を思わせるような描写もなく、終りました。
作品自体は悪くないというか、サトシの顔が気になりすぎて集中できなかったとも言えます。

そしてやっぱり、声優さんがちらついて、実際のキャラクターより中の人を意識してしまうのがちょっときつい作品
あのおばあさんが始終強キャラ臭しかしねぇ・・・。
そしてメインヒロイン、ちょっと棒じゃね?

感想は追記&改行にしときます










































































評価は3つ星半かな
R団が泥棒に入ったり、トレジャーハンター的な奴らがゼラオラ狙いに来たりした以外、基本的に悪役のいない作品
レックウザVSデオキシスの映画もこんな感じでしたが、強いて言えば「化学は使い方次第で人を殺める危険性がある」といった注意喚起の作品にはなってるかもしれません。
最近ニュースによく出る地下鉄なんとか事件のあの教団のことを考えると若干タイムリー
後半は町一つ滅ぼしかねないような大事件が起こりますが、その原因もR団のうっかりが原因だったり、人間関係のトラブルも人を喜ばせようとして逆効果になった結果でした。

前作のおかげで今回はルギア爆誕リメイクについては全く期待せずに観に行ったので、ああ、やっぱりなと言った感じ
しかし少々新鮮だったのは「ポケモンを持たない者」について掘り下げられているところ。
たまにトレーナーではない人物について描かれることはあっても、何らかの理由であえてトレーナーにならない人やトレーナーの振りをしている人が描かれてました。

サトシのように、明確にポケモンマスターを目指して毎日戦闘に没頭している人間を軸にしたアニメを見ているせいもあり、こういう人物がその陰で「ポケモンに苦悩させられている」のはこれまであまり描かれなかった場面です。
弟にイーブイの捕獲を頼まれてしまったリサ
姪を喜ばせるために凄腕のポケモントレーナーである嘘をついているカガチ
ポケモンの研究に没頭するトリト
ゼラオラを陰ながら支えるラルゴ
ポケモン嫌いなおばあさんヒスイ
彼ら、彼女らが織りなす「みんなの物語」

まず予告時点で何度も突っ込まれていた

サトシお前誰だよ
と言わんばかりのサトシの顔

一体どうしてこうなった・・・?

この作品の気になっていた点としては、ルギアにスポットが当たるような予告だった割に新ポケモンとして「ゼラオラ」の登場を匂わせていたこと。
ゼラオラは町全体が「嘘」をつくことで幻の存在となっていたが、ルギアに至ってはさも当たり前用に認識されていましたね。

youtuber?ポケチューバー?
最近ではすっかり市民権を得たyoutubeに動画投稿することによって生計を立てている職業
そういうネタを盛り込んでくるあたりは流石だけど、もう少し実際の人物に似たキャラクター出した方がわかりやすいかな

ちなみにフウラシティにあるアトラクションはどれもポケモンがモチーフになっているみたい
・マンタインコースター
・ナッシータワー
・海中アトラクション(ドククラゲの形)
こんなポケモン大好きな街と言わんばかりなのにポケモン嫌いな人はそりゃ住みにくいな

「ポケモンゲットレース」
ほとんどサトシとカガチの2強になっていたレース
いわゆるサファリゾーンみたいなエリアでどれだけポケモン捕まえられるかの勝負です。
この手の序盤のイベントは大抵アクションシーンに力を入れているのだが、サトシがバンギラスに飛び乗った場面くらいか。
ポケモンではなく自身も体を張るファインプレーでバンギラスの暴走を抑えたサトシ、ピカチュウのアイアンテールが電気技以上に使用頻度が高そうだ。
ここに出てくるポケモンは野生とはいえ高レベル。そんなポケモンを相手に遠くから通信で指示してカガチを優勝させるトリトはかなり優秀な研究家であることがわかる

風祭再建する際、サトシとカガチの助っ人をレースの2TOPが手伝ってくれるなら心強いと言っていたが、割と基本的な掃除していただけだったので、その結果関係あるのかわからんかった

弟がポケチューバーなJK?
今時のJKっぽさはあまりないが元陸上部な女の子
イーブイ捕獲はサトシのラジコンとなってピカチュウに指示していたが、そりゃ技も何もわからないのだから仕方ない。
リクはイーブイを何に進化させる予定なのか気になる所
足の速い設定がいつ活かさせるのかと思ったら、最期に「聖火ランナー」を担うことに。
しかし、いくら足が速いとはいえ、立ち入り禁止になっていてろくに整備されてない森を裸足で走るのは痛かっただろう。
毒ガスもあらゆる方向から迫っているにも関わらず、人間の脚力で避ける余裕があるのだから大したものだ。
最後はなぜか現状を知っている弟のナビによって聖火台にたどり着いたが、すっかりパートナーになってしまったイーブイは結局どちらのものになるのだろう

いかにもな研究家トリト
いかにも「研究」なんてことをしている理系の人間はろくに会話も出来ないコミュ障なんでしょ?それっぽく作ったよ?って感じのキャラ
意外とこういう人物のほうが会話はともかく、大勢の前で話すプレゼンは得意な場合も多いけどね。
ドーブルのインクから聖火を盗んだ犯人がラルゴであること、毒ガスの原因が自分の研究であること、ラムのみで解毒剤を作る機転など、裏での活躍が多かった。
ヒスイの服の甘い香りは後半は消えているのだろうか?そこもちょっと気になる点
ヒスイがポケモン嫌いになった理由は「亡くなったブルーを思い出したくないから」でしょうね。

「ポケモンパワー」
終盤やたら推されていたフレーズ
もうちょっと別の言葉が欲しかった気もするが特に思いつかないな
こういうセンスが20年ずっとポケモンマスター目指しているのに未だ結果に結びついてない体たらくっぷりを体現しているね
ゼラオラ相手に文字通り体当たりで説得するサトシ
相棒の電気をいつも喰らっている彼にとって電気耐性の高さは人間を超越していると言える。

嘘をつき、存在を隠されていたゼラオラも、ようやく人間を信じようと思える日がついに来た。
そして当たり前のように風を送ってくる「風のルギア」
ちなみにまだ前売り券の特典受け取ってません\(^o^)/

ついに来年はあいつが帰ってくる


ミュウツーの逆襲・evolution
こんなタイトルだとハードルがかなり上がるでしょうけど大丈夫?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://xystone.blog.fc2.com/tb.php/1559-0a3824e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 木陰の岩の眠り猫. All rights reserved. Template by Underground